top of page

「みんなで」

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。





「川行きたい!」


そう言ったのはこのYくん。



濡れたり汚れたりするのがそこまで好きではないYくんだけど、今日は別人のような表情だね。


Yくんから始まったジャンプ!






Tくんは足に手をついてジャンプ!


普通のジャンプは難しいけど、これならできると考えた。



なんでも見て学んでいく。



沢へ向かう途中から


「かわ!かわ!」と言っていたKくん、


前に来たときのことをよく覚えていたんだろう。


どんどん繋がっていくねぇ。






同じく、こまめに来たばかりの頃は沢にあまり入らなかったT Iくんも、今日はびしょ濡れ!



年上の方2人も、後輩たちと一緒になる瞬間だ。




今日は暑い🥵


そんな時は、お水に浸かりながら一服。





見ているだけで涼しい〜


いや、さすがに腰までは寒い〜笑




「お水入らなーい」と言っていたWちゃんも、


「ちょっとだけは入るー!」と入水。



入りたくないのは、


「カニが怖い」「転ぶから嫌だ」


と、彼女なりの理由があるみたい。


自分で決められるっていいよね。




ダイナミックに遊んでいる子もいれば、


手元の水や砂利にじっくり向き合う子もいて。




ここは黄色の民族が住む村らしい。笑



見ているだけで涼しくなってくるなぁ。




今日は、朝の会の途中こんなことがあった。



ふらふらっと1人旅に出たTくんを、


いち早く気にして、Kくんが追いかける。



「そっちはダメだよ!」

「みんなで、だよ。」


とTくんに訴えている。


それも、1回だけではないのだ。


連れて帰ってきたばかりで、また行ってしまっても、



何度も何度も、真剣に向き合うKくんの姿勢に


驚かされる。




やぶを指差して、「ママ、ママ」と言うTくんにも冷静に、


「そっちママいないよ。」と。笑



Kくんも一緒に、何度でも「1人はダメだよ」


ということをその都度伝えてくれた。








お弁当の時間、


「早く食べたい!」と言わんばかりの勢いでお弁当を準備していた最年少Tくん。


お弁当を目の前にして、みんなが揃うまで待つのは難しいかな?と思っていると


「みんなで。」と言って、待ち始めたではあるまいか!



いろんな場面で、「みんなで」という言葉を浴びて、Tくんにとって覚えたての言葉。


それが結びついた瞬間だった。






「みんなで」


って、子どもたちに教えるのが難しいと考えていたけれど


子どもたちは分かっているんだなぁ。


子どもたちが伝えてくれるんだなぁ。



みんなすごいよ!


助けられているよ。


今日も素敵な時間をありがとう。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

間合い

bottom of page