検索

あなた次第

子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


対向車の人が 熱心に雑誌や文庫本を読みながら


運転しているのを 何人も見ました。


勤勉か!


いやいや よい子はマネをしてはいけません。

風が冷たい💦


今日は 一枚羽織って。

と 思っていたけど


等間隔で 走り抜けていく子どもたち(笑)。


汗かくわー。

絵本を読んで 落ち着きましょう(笑)。


フラミンゴのページで??


お 一本足!


生態を 知ってるんだね。

Aちゃんも 真似して・・・


って それ


「いのちっ!」


だから(笑)。


正確に言うと 足 反対や!(細かいw)

昔ながらの おさな友だちみたいなノリで


ゆったりと やってくる 


古株3人。

こっちだよー と 呼んでくれる


新入りたち(笑)。


ありがとうございますm(__)m。

でも やるときは やってくれる


頼りになる 古株たちなのよ。


目を見つめて


手を取って✨。

よくわからないけど 連れていかれる風な Rくん(笑)。

連れていかれた場所は(笑)


トトロの道。


どんぐりが いっぱい!

キンモクセイの下で


どんぐり拾いも 乙ですな。

「おたから」は


お散歩してる方に 見せるという しきたり(笑)。

おたからで 遊んでいると


親子連れが 2組。


ガビーン


やっちまった ずんずん。


今月だけ おやこまめは第3金曜ではないことを


お伝えするのを忘れていて


来ていただいた2組。


申しわけないですが


いっしょに 行こう!


それにしても Aちゃん


自分より小さいとわかるからか


ちゃんと Yくんに


目線を合わせて しゃがんでコミュニケーションをとっていた。


教えなくても


目と目で 伝え合うことは


もう 本能に 刻み込まれているのかもしれない。


人間って すばらしいなぁと


子どもたちの 行動性から


つくづく 感じる。

Yちゃんは 「赤ちゃんにあげるの!」


と 落ち葉をたくさん集めて


持ってきてくれた。

その後 みんなで 広場へ。


つるつる坂も 四つん這いで ふんばるNちゃん。


のぼりきったあとは


「のぼれた・・・。」


こみあげる うれしさを 低い声で 表現(笑)。

兄さん、姉さんたちの 自由さを


じっくり見届ける Yくん(笑)。

なんでこうも 等間隔!!


鴨川の カップルか!(笑)

女子に大人気の Yくんパパ。


貢ぎ物が すごい(草だけどw)。

甘えすぎやろ(笑)。

お山には おいしいものがいっぱい🍌。

はじめは 緊張してたSくんも


どんどん みんなと距離が近くなって


パン工場まで いっしょにやり始めたね✨。

そんな中 急に 寂しくなってきて


「かーか かーか」と


お母さんを呼び 泣き続けるRくん。


後ろで 心配そうに見ているNちゃん。

必ずと言っていいほど


泣いてる子のそばで


気にかけてくれている Nちゃん。


自分だけの世界ではない


なかまとのつながりが


もうできているんだね。

こちらの パンは


まだ できないようで。


「待っててねー!」と言われてからが 長い(笑)。


ま それだけ集中しているということで😊。

Yくんも 木と一体化して


ミネラルも 摂取した模様(笑)。

さらに 栄養摂取で ご満悦(笑)。

こまめたちは 着替えをしてから お弁当タイムだね。


着替えも 共同作業?(笑)

みんなで食べると おいしいね🍙。

わたし おむすびは


両手使いなので。

風が吹き


風を感じ


秋の 香りを かぐ。


2か月の子も しっかりと


それらを受け止め


感じている。

枯れ葉の こすれる音。


夏の そよそよとは違う 音。

いち早く 感じ取る 子どもたち。

お箸セットが気になって


ぐいぐいくる(笑) Yくんに


ちょっと困って


代わりに 枝を持たせてあげた Rくん。


考えたね。


しっかり目を見て 渡せたしね😊。

意気投合して 駆け落ちするような


後ろ姿(笑)。

Yくんたちが 帰るときに


だれよりも 大きく手を振って


「またねー!!待ってるからねーー!!」って。


ここで待ってるって


こまめとして ここにいつもいるから


という意味なんだなーって


そういうふうに考えてくれてたんだなと思ったら


ちょっぴり 泣けたよ😢。


うれしいよ Rくん。

「何も ない」から できないのか


「何でも できちゃう!」ように していくのか。


環境のせいにする??


自分で 変えていく?


どちらを 選ぶかは


あなた次第(笑)。

ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame