top of page

いっしょに 遊ぼう

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を


引き出すサポートをする


元小学校教員の ずんずんです😊。


「いぶりがっこチータラ」なるものを発見してしまい


手が止まらなくってます。飲んでもないのに。

この時期に 破竹!?


何本も むさぼり集める こまめたち(笑)。


はなちゃんが調べてくれたところによると


「四方竹(しほうちく)」というらしい。


その通りに 断面が 四角い。


お山の産物は 尊いなぁ。

こちらでは アザミの開花が。


「ママに おみやげにする✨。」


そう意気込んで いつもの花を手折るように つかむと


「いてっっ!!」


そばにいた Tくんもつかんで


「うぉぉ!!いてぇぇえじゃねぇか!!」と


アザミに やつあたり(笑)。


ふふふ 知るがよい


自然の 厳しさを 味わうがよい。


自然には 人間に都合のいい 植物ばかりが


あるわけじゃない。


自然の中に あたしたちが


身を置かせてもらってるんだから。

先週 みんなで見つけた 秘密の場所。


その日にいなかった子たちが


「行ってみたい!」と


Dくんが先頭に立って おりていく。

やはり こまめにきて 半年以上経っている子が多いからなのか


自然との付き合い方が


うまくなってきたからなのか


物怖じせず がんがん進んでいく。


たくましい 後ろ姿である。

突き進むこともあれば


自分たちがしていたことや ものの


片付けをすることも


がんがんする 子どもたち。


「Kくん!まだあっちにいっぱいあるよ!」


ちゃんと目を見て 語りかけるように


いっしょに片付けをすることを誘うNちゃん。

それに応じ


全速力で かけてくるKくん。

みんな なんだか生き生きとしている。


「片づけ」という ワードだけ聞くと


かったるいなぁと思ってしまうけど


子どもたちは なんでも遊びにしてしまう。

おままごとボックスのふたを閉めるとき


なんだか 子どもたちは 


この パッチン!をやりたくて しょうがない。


そのうちKくんが


かなりの勢いで 挑発してきた💦。

「Kちゃんが やるって言ってんの!!!」


キー―――!!!


となってしまい Mちゃんの顔の近くで


大声を 浴びせていた。


あまりの 勢いだったので


そこではいると


今度は あたしを ぶつ姿勢に。


「パッチンしたかったんだよね。」


の一言に 少し 落ちつくが


「Kちゃんのものなの!!」


と 怒りはまだ止まらない。


「こまめのものだし みんなで使ってほしくて


 持ってきたけど ひとりで 使って ひとりで遊ぶの?」


に対しては そうだと言う。


こちらが何を言っても


今は 反対言葉で こたえてくるくらい


かなり内向しているのだけど


ちゃんと 会話はできる状態。


ずっと そばにいて


会話を聴いていた Mちゃんが


すっと入ってきた。

「いっしょに 遊ぼう。」と。


「ひとりで 遊ぶ」に 反応したようだった。


Kくんは ひとりじゃない


なかまなんだ、とでも 言うような


やさしい言い方だった。

さらには


「いっしょに パッチンしよ。」


と さっき閉めたパッチンを


また開けて


いっしょになって 閉めていた。


そのときのKくんの顔は


さっきと違い いつものおだやかさを取り戻していた。  

Mちゃんを見ると この笑顔。


すごく静かに 物事を見ているMちゃん。


でも こころの中は


いろんな気持ちで 渦巻いていたんだろうなぁ。


相手のことを考えるからこそ


人は 悩む。


そこに 行動性が加わって Kくんを 助けてくれたね。


ほら Kくんも その後は


元気いっぱいになったよ!

みんなの やさしさ


いつも ありがとう。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page