top of page

いつも通り

子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を


引き出すサポートをする


元小学校教員の ずんずんです😊。


今 どうしても食べたいものは


香川の 骨付き鶏です。

うれしそうな 3人の笑顔。


遠くを見渡すような目。


そう ここは なんと

こんなに 上がってきてしまったとこなのー!


写真だと 伝わりにくい。。。

今朝は こんなにこんなに


長い 霜柱が 出ていて

ほわっと 息が 真っ白くて。


それでも 子どもたちは

いつも通り(笑)。


子どもには


夏だから


冬だから


関係ない。


いつも通り。


ブレない生き方(笑)。

ふゆいちごを 求めて


または 


まぁるい 万両の赤い実を求めて


どんどんと 山深く入っていく。

途中 道をふさいでいる 竹があると


「ずんずーん!ここ通れるよ!」と


竹を 高くあげて 通らせてくれる メンズたち。


なんて 紳士✨。

とかやっている間に やぶの中へ。


どんどん見えなくなる 背中。

そのうち 山の上から


「おっぱー-----い!!」


と 声が聞こえてきた(笑)。


信号色の 3人が


にっこにこの おっぱい連呼が 止まらない(笑)。


去年 ここへ登った 先輩が


「おっぱい」を 叫んでいた。


そのときに 同行していたAちゃんが


それを覚えていたらしい。


「愛鷹の中心で おっぱいを 叫ぶ」(笑)。

ひとしきり おっぱいを


言い終えると


Aちゃんが ころんと寝転んだ。


何見てるのか聞くと


「まぶしいところ。ずんずんも 見てみな。」

うんうん まぶしい。


Aちゃんが とっても まぶしいよ✨☀。


さっそうと 登り切った彼らは


戻るときも 速い。


かなりの急斜面だが


土は ふかふかで 気持ちがいい。

下界では


あたしたち 山組の 下山を


心待ちにしてくれていた様子。


Iくんの 「じゅんじゅー--ん!!」


という 声が 聞こえる。


近くになってくると


「おかえりー--!!」


ということばも。


あぁ


「おかえり」は


こんなにも 愛おしい。

山から 下りたとき


「おぅ!今 戻ったぞ!」の


お父さんなみの貫禄で


下で待っててくれたくれていた Iくんの肩を


ポンと叩く


男前の Sちゃん(笑)。

Iくんは 草むらで遊びながら


そして 帽子に すてきなステッチをつけながら


待っててくれたんだね(偶然の産物)。


ありがとう。


下りてきた こどもたちの顔も


すごく 自信に満ち溢れていたって


はなちゃんが 言ってたよ。


やりたい!


と思ったことを


自分のちからで やりきると


もう 想いや ことばが


身体中から


あふれでるんだね。


そして


こころが 大きくなった分

人にも さらに


優しくなれるのかなと 思った。

全力で 遊び


全力で 叫び


全力で 泣き


全力で 怒り


全力で 寝る。


なんて しあわせな世界。


そんな 世界を


思う存分 味わってほしいと思う。


制限なく


自分の 好きなことを


やり続けられたら、


高められたら


そんなに しあわせなことはない。

そうそう


全力で 食べる


のも


これまた しあわせ♡。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

表情

留言


bottom of page