おやこまめ🍃

今日は 「おやこまめ」の日。


天気予報は 雨☔。


でも みんなカラフルなかっぱを着て


にこにこして 集合してくれた✨。

「雨だから」 「雨のせいで」


雨は けっこう嫌われ役。


いつから 嫌われちゃったんだろな。


あたしたちも 子どものころ 


水たまりをじゃぶじゃぶして


泥遊びをして


土や水と 一体化してたはず(笑)。


「雨は いやなもの」 は 大人の偏見である。


純粋な子どもたちは そのままを受け止める広い心をもっている。

今日 初参加の Yちゃん。


「雨」を 全身で 感じる。


「お空から降ってくる このお水はなぁに?」


雨とコミュニケーションをとっている😊。

そうそう 土ともたはむれて✨

ぽたぽたのしずくも 不思議、楽しい。


しずく?いや かなり じゃーじゃーだったね💦。

今日は お父さんを独り占め♡。


ぎゅっと手をにぎって 離さなかったね。

つつじの チュッチュ🌸。


お母さんと いっしょに チュッチュ🌸。


楽しいを 「共有」できることは 心もつながっているということ😊。

物おじせず しかも はさみをむんずとつかむ Yちゃん。


た、たくましい(;^_^A。


よーく 観察してるね。


そこで 集中力は 身についている。

初めての環境 初めての雨遊び 初めて会う人たち


初めてだらけで どっきどきの Mちゃん。


でも 集中してる時の 目の輝き、手の力強さ


「興味津々」だということが 伝わる。


最後に あたしたちに 両手をぶんぶん振って


バイバイしてくれた あのにっこり笑顔は


ここでは いろんなことしていいんだぁって


ほっとしたような気持ちが 表れてた。


それを見られた あたしたちは 感動✨。

ある親御さんが 言っていた。


「今日は 雨でよかった。」


親御さんの意識や 考え方 視点が変わると


子どもが 驚くほど変わる。


ときどき 子どもが 後ろにいる 親御さんに向かって


にっこり笑う 場面をよく見かける。


そのときに


「楽しいね。」


って言ってるように 見えるのだ。


親御さんも 「ね😊。」って顔をすると


子どもは 安心したような顔をして


前へ どんどん進みだす。


親御さんの 一押しって 大きいなぁって感じる瞬間。

ことばでなくとも 伝わる


コミュニケーション。


そのしぐさ その雰囲気 その表情。


怒る前に一呼吸、

たまには 鏡を見るのもいいのかもしれない。


ね😊。

クイズ


子どもたちが 見つけた蝶々。葉っぱみたい!


さぁ どこにいるでしょ!?








ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame