おやこまめ🐔

今日は 月に一度の 「おやこまめ」🐓。

だんだんと


とーちゃんたちの 参加率も 高くなってきた おやこまめ。


今日は 5組のうちの


3組に


とーちゃん方が


来てくれました✨。

受付に 着いたときから


にこにこ😊。


受付テーブルの下で 笑顔を ふりまいてくれたYくん。


彼が 最年少??


いやいや

そよそよと吹く 風にあたり


ザラザラと 音を立てる


葉っぱに 興味津々の 彼女


8か月の Aちゃんが 


今日の 最年少👶。


「触りたい!」


「感じたい!」


意欲が 身体から


あふれてるね✨。

コミュニケーション力が 高く


ずっと にこにこしながら


遊んでいる Hくん。

Aちゃんは 歩ける距離が


長くなってきたね。


なおなおは


こまめたちにも おなじみの


土曜日スタッフだね😊。

Mくんは 2歳になり


今日で おやこまめ卒業。


11月からは こまめへ。


トントントン


いろんな音を だして 楽しみ


その 違いを 確認してるよう。


違いのわかる男


すてきだわ♡。

初参加の 親子さんが


3組もいたのだけれど


みなさん 子どもたちとの 距離や


お話しのしかた


あそびかたが


こども主体に なっていて


本当に すてき✨。

子どもと 横並びする姿


同じ 位置から


同じ 方向から


同じ 見方ができるよね。


それを 自然に やっている。

おそとで 寝っ転がって


ごーろごろ。


こんな あそびかたも あるね。


とーちゃん山は でっかいどー🏔。


いつか とーちゃんを越える日が


くるかしら😊。

秋晴れの こんな日は


おとなだって ごろごろしたいしね(^_-)。


やっぱり おうちの中での ごろごろと


おそとでの ごろごろは


一味も ふた味も 違うよね きっと。

はじめは 少し 緊張していた 子どもたちも


徐々に


じりじりと(笑)


その 距離を 縮めたり

または 羽根を広げて どっか行っちゃったり(笑)。

そして


自分で チャレンジしてみたり✨。


ぐっと 自分の力で 起き上がれるかな??


「うんしょ!こらしょ!」

(もちろん0歳児は こんな昭和のかけ声しませんw)

牧羊犬やってみたり。


はじめは 「メェー メェー」


だったのが


途中から


「ブー ブー」🐽


になっていた(笑)。

Mくんが Yくんのそばへ行き


かがんでいる。


Yくんの目を合わせようと


自然に かがんでいる。


なにか お話ししたいのかな??


ふたりの 視線が 交わる。

そのうち いい子いい子したり

抱っこしようとしたり

靴を どうぞ したり。


その姿に こころが動く あたしたち。


なんという 光景なんだろう。


人は してもらったことしか できない


という。


Mくんは きっと


たくさんの やさしさを受けて


今 その人格が できあがってきているんだろうなぁ。


そして 今日 そのやさしさを受けた


Yくん。


これから 他の人に


リレーのバトンのように


やさしさが


途切れることなく


まわっていくんだろうなぁ。

そんな すてきな 子どもたちに


あたしたちからも


最後に 絵本読み聞かせのプレゼント✨。


Aちゃんは パパの 助手をしたいみたい😊。

今日は 久々に あたしは 「紙芝居」にしようと思い


大切な人からもらった


大切にしまっていた 木枠と 拍子木を準備。


すると


Mちゃん母から 


まるで この計画を知っているかのように


「紙芝居の 読み聞かせをやっていたので


 読んでもいいですか。」と


すてきな ご提案が✨。


もちろん もちろん♡。


ということで


今日は 豪華3本立て!


ずんずん紙芝居は また次回に😊。

じゃじゃーん!!!


なんと 台までついている


大きな 紙芝居セットを持って


来てくださった。


Mくんも 拍子木で 応援!


なんという すてきな日なんでしょーヾ(*´∀`*)ノ。


子どもたちも


あたしたち おとなも 大興奮(笑)。

「小さいから できない」


本当に そうなんだろうか。


「小さいから やらせない」


にしてるから できないんじゃないか。


そんなことを 思いながら


この こまめの活動をしてきた。


5時間も 親元を離れて


なかまと過ごす 活動を


3歳からの 受け入れから


2歳に 繰り下げた。


それは 


2歳の 「できる」


を 知ったから。


「できない」と 思っていると


きっと ずっと 子どもたちは


その力を


そのときに だせずに


大きくなっていくだろう。


でも 「そのとき」


機会を 与えていたら。


それが たとえ


0歳や 1歳だったとしても


彼らは 感じている。


学んでいる。

風が ザーーっと吹き


パラパラと 葉っぱが落ちてきて


とーちゃんと いっしょに見て


感じた日を


きっと 覚えてる。


こころで 身体で 感じてる。


そんな 機会を 増やすべく


おやこまめを


続けてる。


次回は 11月20日(金)。


予備日は 23日(月・祝)。


絶対 来てくれよな!(笑)

ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame