おやこまめ

こんにちは!


元 こまめっ子母ちゃん、


スタッフのももこです。


月に一度のおやこまめ。 (毎月第3金曜ですが

 今月はイレギュラーに第1金曜に開催!)








こどもたちは実にいろんな表情で


気持ちを表現する。



当たり前だけど


嬉しい時は


自分なりの


嬉しい顔。



悲しい時は


自分なりの


悲しい顔。




コロコロ表情が変わるから


その気持ちを汲み取る大人も


忙しい。



「今、何に対して興味を持っているの?」


「今、泣いているのはなんで?


 お腹すいたから?それとも眠いから??」



小さな子は気持ちを言葉で伝えられないから


その行為の理由を


こちらで憶測するしかない。



でも


そうやって


意識を目の前の子に置き


向き合うって


それだけその子を大事に思っている、ということ。





足を止めて


しゃがみ込むSくん。



そこにSくんの興味の対象があるから。



大人は見過ごしてしまうものも


こどもにとっては “宝” なのだ。



忙しい時に


そこに付き合うのは


大人には大変だけれど


こどもの世界がそこにあるってことを


忘れてはいけない、と


この行為を見る度に思う。




お父さんたちの


この見守り方がいいなぁ


と感じた今日。



こどもたちがやることを


ニコニコしながら見ている。



それってこどもにとっての


安心材料になるんじゃないかなぁ?





暑いから水!


と思っちゃうけど


今日は入りたくないKくん。



そんな時もあるよね。


それを理解してくれる人がいる。


それだけでKくんは嬉しいよね、きっと。





親だけじゃない、


違う大人が関わることも


大事だなぁ、と感じた。




いろんな大人が関わることで


遊び方が変わる。


空気が変わる。


世界が広がる。


それって素晴らしいことだ!




お父さん、お母さんと一緒の世界は


安心に包まれる。



お父さん、お母さんが見守ってくれるから


全力で遊べる。


そして


良い眠りに繋がる(笑)



その安心から


一歩踏み出す世界は


また違った風景だろうね。




来月から


おやこまめを経験した子が


こまめに来てくれる。



どんな変化が待っているかな?


どんな世界が待ち受けているかな??



でも


先輩こまめっこたちが


ぐいぐい引っ張っていってくれるから


安心して


飛び込んできてね!



お待ちしてまーす ♪



0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいじ