かけるもの

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す サポートをする


元小学校教員の ずんずんです😊。


おなかが空きすぎて


おやつに 納豆を食べました。


食欲の 初夏。

暑い日には 水に限るぜ~ヾ(*´∀`*)ノ。


沢におりれば 別世界。


気温も 違う。

沢へ行くための 階段で


転んでしまった Tくん。


そばを通ったAちゃんが 気にかける。


手を差し出す。


声をかけてもらっただけで

よいしょっと 


泣き笑いのような顔で 立ち上がる。


ひとりでは ずっと泣いてたかも。


お母さんがいたなら 甘えてたかも。


友だちがいたから


立ち上がれたのかも😊。

行く途中途中で


Mちゃんが 言う。


「ねぇ ここきれい!」


「お水が あるよ~。」


しぜんの中にはいるだけで


子どもたちの目は さらにキラキラになる。

うれしすぎて


ザックを放り投げて ジャブジャブ水へ入って行くTくん。


みんなは 遠くへ進んでいる。


でも おかまいなしで 我が道を突き進む。


それが2歳・3歳の世界。


楽しいことには とことん向かっていく。


でも 「なかま」というものを とらえ始めたとき


それは


違う世界になるみたい。


だって

「おー--い!」


「迎えに来たよーー!!」


走ってくる Sくんと Aちゃん。


その姿を見ると

「リュックやだからー。」


「じゅんじゅんが 持ってー。」


と さんざん言っていたけれど


手で持ち


ごろごろの岩の上を 進み


歩みだした。

階段でもそうだったし


そういえば 朝転んだ時も


なかまが そばに来てくれたね。

気づけば


Tくんの周りには


気にかけ


声をかけ


こころを かける


なかまが いっぱい。


そのうち Tくんは


気づくだろう。


ひとりで 安心して


楽しめるということは


周りに


だいじな なかまが


いたから


ってことに。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

連鎖する