きんときまめ①

こまめ「ハイキング部」 しゅっぱ~つ!


今年度 初の 開催地は


「大仁・浮橋市民の森」。

今日は 総勢42名!


一クラス分ですなぁ。


こまめたちの


ふだん たくさん歩いていて


たくましくなった脚力。


しぜんのものに しぜんと触れ


それらと どんなふうに


かかわっているか


それらを あそびにかえているか。


親御さんたちは


充分に


その姿を 見ることができたと


すごく 喜んでくださった。

そんな声を聴くだけで


子どもたちと


過ごしたじかんを


認めてくださってるようで


とっても うれしかった😊。

「お山に入らせていただきます。」


山の神さんに ごあいさつ。

そして 「安全に 気をつけて行ってまいります。」


とも(*^^*)。

沢を越えて

橋を渡り

急斜面を 上り

遊んだ!


お父ちゃんの?Mちゃんの?


どっちの シダ飛行機が


なが~く ゆらゆら 飛ぶかな??

父ちゃんたち


本気です(笑)。

おとなが 本気でやるところ


子どもっちは 見てますな😊。


教員を していた頃


6年生には


「ばかになってやれ!」


とよく言ってました。


ばかになれとは


夢中になって というあたしなりの説明です(笑)。


かっこつければ つけるほど


物事は ちいさくなり


しらけてしまう。


大きな人が


がむしゃらに なにかしてるとこ見るのって


ちいさいひとたちにとって


すっごく キラキラに見えるんじゃないかと思って😊。

そんな背中を


子どもたちは 見ているなぁと思って😊。


カニ探しも かえる探しも


父ちゃんたちが 夢中!


すてき✨。

お山の中で


家族で 過ごす時間。


お山は


山あり 谷あり。


そして くつろぎ あり。

ふだん 母と子


という 組み合わせは 日常で多くのじかんを過ごす。


父も


という じかんを


この お山で過ごすことで


また 違った


父ちゃん像が 見えるかもしれない。


みんなで 協力し合って という 


家族単位


こまめ単位での ワンチーム。


ぜひ また 行きましょう!

0歳から 参加できる


「きんときまめ」!

今度は


観光地で 有名な


しかも 近場の


あすこかも!!??(笑)


0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいじ