検索

こころのなか

こんばんは。


「子どもたちの自信に繋がる一歩を


全力でサポートします!」


あおちゃんです✨




連日の暖かさにより ついに桜が開花。


暖かい春の訪れに 胸が高鳴っています☺




見上げると桜が


そして 地面には 


いっぱいのたんぽぽが


力いっぱい咲いている。


そのたんぽぽで 作った 


可愛い花束。



初めのころは 緊張からか表情が 


すこし硬かった Yくんも


今日は とても柔らかい表情を 見せてくれた。


花は 人を笑顔にしてくれるね😊



Iちゃんも また 素敵な表情をしている。


誰を想いながら 花束を作っているのかな♡





今日は みんなでこまめばたけに 


行くことに!


初めて行く ぐっさんに「こっちだよ~!!」と


先輩こまめたちが ご案内(笑)



細い道も どんどん 突き進み



目的地の畑に 一直線!




去年さつまいもを 育てたこの畑


今年は みなさんと 何を育てようかなぁ。



その前に 畑を整備しないとですね💦



さっそく Tくんが 掃除機と言う名の「枝」で 


はたけを お掃除中(笑)



きれいにしてくれて ありがとう😊



その横では Iくんが 神楽の舞を披露してくれました✨



ポーズ決まっております(笑)



「はやく おおきくなぁぁぁれ♪」と


言いながら 草にお水をあげる Hくん。



すると ほかの子どもたちも せっせと水をまきはじめる。




みんな 働き者ですなぁ(笑)



でも水をまくには、まずじょうろに


お水をいれないと いけないですよね??


なので 水道が大渋滞(笑)




これが 令和スタイル(笑)


じょうろ から じょうろへ(笑)




そして 畑ではなく 水道の近くに


水やりを始めた こどもたち。


ということは・・・・こうなります(笑)



みんな 大好き どろどろの 水たまりの完成です!(笑)




暑さに負けず 広場で 元気に走り回る 子どもたち。





その時に 転んでしまったTくん。


でも 一人で起き上がったね。



みんな 転んでも 


一人で起き上がれる 


強さを持っている。




ぐっさんと 子どもたちによる 


ぶつかり稽古かな(笑)



本気で受け止めてくれる 人がいるから


本気でぶつかっていくことが できるんだね✨




本日は二部構成で 行われています(笑)


Iくんの神楽の舞 とくとご覧あれー!





地面がひび割れていることに 気付いたSくんは  


土の塊を 取ろうと挑戦。




小さい塊は 簡単に取れるものの


大きな塊は 取ろうと手で持つと


すぐに崩れてしまい やっとの思いで


2個だけ 取ることができた。




そこにAくんが来て Sくんが集めていた土の塊を


別のところへ 次々と 持って行ってしまった。



「やめて、ぼくのだよー。」


そう一言 伝えたものの


Aくんには届かず 泣いてしまったSくん。



しばらく泣き続ける Sくん。



「いま どんな気持ち?」


「いやなきもち。。。」


「いやな きもちなんだね。


Sくんにとって あれはとても


大事なもの だったもんね。


そのSくんが 思っている気持ちは


Aくんに 伝えられたかな??」と


尋ねると、


小さく「うん。」と言った。


「伝えたんだね、でも1回だけでは


Aくんには 届かなかったのかもしれない。」



1回で 伝わることもあれば


何回言っても 伝わらないこともある。



「もし Sの心の中に 


モヤモヤがあるなら 全部出そう。


心の中に モヤモヤをためないでね。」と


伝えると しばらくして


「もう モヤモヤはないよ。」と


話してくれた Sくん。



精一杯の「訴え」は 今回は届かず


泣いてしまった。


でも一回は 自分の気持ちを


伝えられたから。


今日は これでいいんだ。と


決めたのかもしれない。



「これでいいんだ。」


その気持ちがモヤモヤのない 


スッキリした気持ちならいい。


だけど そうではなく


「いやだけど 自分が我慢すればおさまる


だから これでいいんだ。」


そんな 自分の心に嘘をつくことは


してほしくない。


だって そんな方法をとらなくても


絶対 どちらもスッキリする方法は あるから。


こんな風にさ お互いが笑いあえる


答えを 探していこう。


一緒に 見つけに行こう。


ロゴ 透明.png
facebookページ
連絡先

 

​Tel : ​090-2314-8181​

  • 里山保育こまめのfacebookページ
静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame