検索

こっちだよ

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


今年も 無事に 「香月」の いちご大福(沼津市平町)を


食べられました。


無病息災 まちがいなしです(笑)。

冷たい土の上


そんなのへっちゃらなくらい 笑顔で寝そべるふたり。


でも ここに至るまでの みちのりがあったわけで(笑)。

みんなが 歩いていく中


ひとり やぶにたたずむ。


それを 最年少2歳5か月の Iくんが じぃっと見つめる。

あれ? Mくんちがいない。


後ろを振り向いて 気づいた子たちが


続々と 戻ってくる。


「お迎えにいくからね~!。」って


Jくんの声が 聞こえてくる。

「どうしたの?」


「行こうよ!」


みんなが Mくんのことを 気にして


声をかける。


目線の高さを 同じにして。

Jくんは むちゃくちゃ 至近距離で 説得(笑)。


真剣さが 伝わってくるわぁ。


だって Mくんは 「なかま」だもんね😊。


「なかま」は 置いていかないよ✨。

それでも 立ち上がらない Mくん。


近くの Iくんは 


「果報は寝て待て」状態に(笑)。


すると Mくんが むっくり起き上がり


「ねぇ!起きて!!」

これは 偶然の産物ではなく


意図的な 作戦だったとしたら


神レベル(笑)。


そして 結局また Mくんが Iくんの隣に寝て


ミイラ取りが ミイラに・・・


の状態へ。


毎日 マンガの ようだ(笑)。

機嫌がよくなった Mくんは


Tちゃんと 手をつなぎながら


仲睦まじい姿で 前を歩く。

・・・からの またしても 座り込み(-_-;)。


そして 女子に 助けを乞う。


まずは 右手Tちゃん。

左手担当 Wちゃん(;^ω^)。

せーの!

役目を終えると


さっと手を離し 淡々と 歩き出す女子たち。


手のやり場が・・・(笑)。

「行こうよ~。」と声かけると


「今 行ってるよ~。」の 返事。


そっか そうだよね。


Iちゃんは Iちゃんのペースで 歩いてる。


あたしと Iちゃんのペースはちがう。


うん そうだ そうだ。

今日 沢に 3匹の とんぼが(笑)。


とんぼ①

とんぼ②(珍しい立ち姿 笑)

とんぼ③


みんな違って みんないい(笑)。

今日の沢での活動は


みんな それぞれが 思い思いのことしてて


おもしろかったなぁ。


単独行動多し。


いろんな日があって 見ていて 飽きない。

ブンブーン


二人乗りだぜぇぇ~。

沢登り  沢下り!?


ワイルドぉぉ!!

すてきな 笑顔に 胸打ち抜かれるわ♡。

数珠だまや オナモミいっぱい!


たからと称して ポケットにつめこんだ Aくん。


今頃 おうちの床に転がってるかな??(笑)。

巨大アート作成中!?


大きな顔に 髪の毛生えてきたぞ~。

「ギャー!!」


と突然の 叫び声。


Wちゃんが 持っていた草を


Tちゃんが 無理やりとろうとしたみたい。

Tちゃんは 自分のものでなくても


気に入ったものがあると


「それTちゃんの!返して!」


という。


自分が拾った草であり


ずっと それを握りしめていたWちゃんにとっては


意味が理解できないことである。


立場が 逆だったら どうなのか。


それを 想像する力は


Tちゃんには ある。


聞いてみると 考えている。

この横顔は 真剣に 考えている。


そして 「やだの。」(いやなの)


嫌な気持ちを 相手にさせていたということ。


それが 理解出来たら それだけで すばらしい。

その様子を 見ていたAくんが言った。


「そういうときは 『見せて』とか『貸して』って言うんだよ。」と。


Tちゃんは Wちゃんに 言った。


「見せて。」

Wちゃんが 静かに見せると


それに触れることなく


「かわいいね。」と言った。


なんか そこで じわっときてしまった あたし。


「本当の理解」って 行動に現れるんだね✨。


Tちゃんの 今までとは違う一歩が 見られた場面だった。


人って 一人では 生きていけない。


だから 「協力」しあうんだ。


「助け合う」んだ。


迷い道がでてきたら


手を差し伸べたり 行く方向を言ってくれる「なかま」がいるって


本当に うれしい。


あたしも そうやって 助けてもらってきた。


だから今 関わる人たちを


助けたい 想いでいっぱい。


きっと 子どもたちだって そうだ。


だって みんな よく 言ってるもんね、


「こっちだよ~」って😊。

にっこり 笑ってね😊。

↑ にっこり 見つけられた??


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame