検索

これでいいのだ

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


昨日の地震は 夢だと思ってたら


静岡が震源地の かなりエッジのきいた地震だということが


ヤホーニュースにて 判明しました。

「贅沢は 敵だ!」


そうです、みな食べるのです(笑)。


かごのひもが 脚にからまってる状況を


ものともせず


おみ足を高く上げ 大切な 米ひと粒 ひと粒を


丁寧に食べていく Mくん。


食べ物や ものを 大事にする、扱うということは


人を 大事にする


ということにも つながっているなぁと感じる。


現に このMくんは


誰からも 愛される人。


みんなを笑顔にさせちゃう達人。

「おいしいねぇ♡。」と Tくんに話しかけ


Tくんも 「次のとき いっしょに食べよ。」とアプローチ。


二人の間に 「同意」があると


距離が 縮まっていくね。

今日も 大きな桑の実を狙って行ったが


先手越されていた(;^ω^)。


にも拘わらず まだ白っぽいのや 赤いのを指さして(絶対にすっぱい)


「あれとって!」「これとって!」と


年上を こき使う(笑)。


でも 自分の意思をもって


「あれが」「これが」と言えることは 本当にすばらしいことだ。


「目」で 「表情」で 「しぐさ」で


感じ取れ、という日本の文化は それで奥ゆかしい。


でも ことばにしなきゃ わからないことは いっぱいある。


そして この未来を 生きるあたしたちは


「発信」していかなきゃならない。


いいぞ いいぞ 若人たち!

急にかげる 空。


不安げな表情の 子どもたち。


見てみて!とMくんが指さす方は


青い空と 曇り空が 混在。

「なんでだろうねぇ。」と考えるところから


理科の思考が 動き出す。


Rちゃんに 「風はどっからきてるかな?」と尋ねると


「あっち!」と正確に 答えることができた。


そういう感覚、だんだん 鍛えられるね😊。

ま、でも そんな曇り空に動じず


遊びは 淡々と 続けられるのであーる(笑)。


最近 側転をマスターしたいんだというRちゃん。


腰の高さがあっていいね!


子どもの吸収力は 速い!


そしてそれを真似する Hくん。

はたから見たら 完全なる 土下座や!(笑)

そして おもむろに始まった 「交通安全教室」。


「右よし!左よし!」とRちゃんの元気なかけ声で


男子たちも それに倣って 道路を渡る。

途中 ノルディックウォーキングの 紳士・淑女たちに出会う。


定期的に 広域公園で開催されている 教室の方々。


今日は 畑の方へ来ていたので


「今日は 子どもたちいないね。」と気になっていたそう。


そして この元気でたくましい子どもたちが


どんな大人になるのか見てみたい!と


未来を楽しみにしてくださっていることも 伝えてくれた。


それほどまでに 子どもたちを 大事にしてくださる方々。


ありがたいことだ。


そして みなさんに囲まれて 練習の成果を披露。


いきなり飛び出す Hくんに 


みなさん 大笑い。

自信満々な 子どもたちの表情に


思わず 笑みがこぼれる。

その後は 「畑の見回り」という名の


泥遊びを散々して


メインの 滝行へ(笑)。

カメラ 目の前 真っ白!


もう こんな顔見たら


たまんない。


あたいの どす黒いものも 洗い流してくれー!!


もはや パヤは いらない(笑)。

修業は つづきますよ、あーた(デヴィ夫人ではない)。


「押さないでー。」と言いながら 3人で入水。


まるで ダチョウ倶楽部(笑)。


じゃぶじゃぶしながら チョコレートにするらしい。

お昼食べたあと


静かだなぁと思っていたら


なにやら みんな輪になって 「お茶会」を楽しんでいる様子。


よく見ると


各々の水筒が違う。


そう まわし飲みをしておる(笑)。


そして 水分摂取率が半端ない。


みんなと飲むと 楽しいのか ぐいぐい飲み干してしまう子も(;^ω^)。


ま、いっか


いろんな免疫 つけてくれぃ!

そして みなさん 重いですなぁ。(撮影:R氏)


身体の重み そして いのちの重みも


十分感じながら 


今日も ずんずんは 行く。


止まってられないのだ。


時間は進む。


何をしても 言っても


前には戻れない。


だから 今


「何のために」「誰のために」


「何をするか」


そこを見据え


進むしかないのだ。


これで いいのだ😊。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame