さいごの ひよこまめ🐤



子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


日焼けしすぎて


いろいろな人に 顔をまじまじと見つめられます。


珍種の面持ちです。

いい具合に 親指が 曲がっております!(笑)


風が冷たくても


沢へ入る興味は 止まらないね😊。

「おっかさーーーん!!」


朝から 泣き声が こだまする あしたか山(笑)。

Kくんも 泣いてたのに


相手の 涙をじっと見て


Tくんの気持ちを 汲み取っているのかな。

またさらに その気持ちを感じたのか


Tくんは Kくんが 開けられなさそうで 困っていた


水筒のふたを 開けてあげようとしていた。

ザックの留め具を 留めてあげようとするYちゃん。


その後ろでは


まだこまめに来て 2回目のRくんに


小石のプレゼント。


「気楽に行こうよ~。」の気持ちを添えて(笑)。


朝から 泣き声の他に


こんなあったかい光景が


繰り広げられる あしたか山でもあーる。

突撃たんけんたーい!!


自分たちよりも 背の高い草を かきわけ かきわけ


前進するのみ!

Yちゃんは たくさんのつくしを


ママに プレゼントするんだって♡。

「行こう!行こう!」


と 好奇心旺盛なHちゃん。


途中 ふと立ち止まったのは 


風の音 木が揺れる光景を じぃっと見ていたから。


ふしぎを いっぱい 感じていこうね✨。

いつも火曜日に 必ず出会う わんちゃん。


もう 子どもたちは 覚えてしまって


すっかり おもちゃ状態にしてしまう(;´∀`)。


引き回しの刑に しないでよ~💦


お散歩の方たちは


いつも 寛大なこころで


子どもたちを 見守ってくれたり 声をかけたりしてくださる。


ありがたや~


ありがたや~


でございます✨。

沢へ行く前に


自分で 靴を履き替える Kくん。


誰にも頼ろうとせず


黙々と。


何度も 何度も。


時間かかっても


「Kちゃん できたよ~!」


というときの 顔つきは


もう 自信にあふれた顔。


自分の力で できたこと


自分がいちばん うれしいね✨。

さぁ みんなそろったら


沢へ レッツゴー!!


入水前に 並ぶ人々(笑)。


水泳大会みたい。

狭い範囲に 人が うじゃうじゃ(笑)。

わぁぁぁぁ💦


どろどろ地獄にはまり


脚が抜けなくなってしまったHちゃん。


びっくりして 泣き出してしまった!


大きな風の音 ゆさゆさ揺れる木に続き


今日は 「びっくり」が いっぱい✨。

Yちゃんは あたしが知る限りでは


初めての はだしでの 入水。


足は 気持ちいい?? 変な感じ?


「気持ちいいー♡」


もう 顔を見るだけで 伝わってくる。


お母さん会いたさに 今まで 


泣き叫び 周りのことに 注意をおけなかった。


でも 今は


自分が いちばん 楽しんでいる!


そんな楽しさを お母さんに 伝えるんだもんね✨。


同じ「おかあさーん!」でも


内容の変化に


成長を感じずには いられない。

おせんべい 焼けたよー!

なんちゅーすてきな 笑顔😊。

なんちゅー 豪快さっっ!

ワニと 化す。


水面と 一体化(笑)。

水から出ても


着替えたあとも


子どもたちは 元気いっぱい!


ひゃっほーヾ(*´∀`*)ノ。


今日で 「ひよこまめ」の コースが終わる。


1年間 2歳から2歳半くらいまでの


子どもたちを


こまめより 短い時間で 見てきた。


2歳になったばかりと


3歳に近い 2歳では


ずいぶん できることも違う。


でも


同じことが あった。


「前へ すすもうとする気持ち」。


やろうとすること、だ。


泣く。


叫ぶ。


怒る。


人間の感情では


よろしくない部分。


でも そこを通り過ぎないと


その次に つかめる


「自信」「達成感」「満足」などに


到達できない。


時間をかけても 


負の感情がわいても


乗り切ろうとする共通のこころが 見えたから


これは


コースを別にしなくてもいいのでは?


と 考え始めた。


そして 助け合える なかまがいる、


これも 大きかった。


「大きい人が 小さい人を 助ける」ことが


当たり前じゃない。


「小さい人も 大きい人を 大いに助けられる」んだ。


それを 目の当たりにして


人間の 存在性は


平等なんだと 感じた。


サッカーの キングカズ 三浦知良選手は


常に 後輩たちに


「今日のオレのプレーどうだった?」


と 聞くそうだ。


レジェンドだからと


お高くとまっていない。


常に 精進する その姿が


人々に愛される 理由だろう。


年齢、役職ではないんだ。


「対 ひと」である。


それを 更に学んだ 一年だった。

ひよこたち 卒業おめでとう!


4月からは こまめに 羽ばたくよ✨。


どんな 1年になるか 楽しみだね。


共に 学びを

ありがとうヾ(*´∀`*)ノ


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame