検索

その時、その時

こんばんは。


「子どもたちの自信に繋がる一歩を


全力でサポートします!」


あおちゃんです✨




前回に引き続き 雨の中のこまめ。


大きい葉っぱを 傘がわりにして 


歩く 散歩道。


今日は 何に出会えるかな?😊




「雨が 好きなのかなぁ~。」とRちゃん。


歩いている途中に 何回も 見かけた


カニを見て そう言った☺


晴れの日と違い 


あちこちで 見かけるカニに


みんなのテンションが 上がる。


Rちゃんが 葉っぱを使って 


カニを持つと


みんなからの


「ちょうだい、ちょうだい!」の声が。


カニさん 大人気✨


順番に みんなの手に 置いてあげる Rちゃん。




「カニさん くすぐったいよぉー!」と IWくん。


IWくんたち 良い顔しているなぁー(*'▽')



そして 今日は草イチゴを 探すために


いつも 行かない道を 


少しだけ 探検してみることに。



草むらの中を 入っていくと  


お目当ての 草イチゴ


みぃつけたぁ!



そして また 草イチゴを求めて


草むらの中へ・・・・って


Rくん 草と同化している(笑)



Iくんは 草イチゴよりも 


コップの中に 入っている


カニに 夢中なご様子♡



雨の中を歩き、少し体が冷えたので


焚火で 温まることに。



その間 Iちゃんは お気に入りの場所へ♡


なぞるように、水の中に 指を入れる。


繰り返し 何回もする Iちゃん。


気持ちいいのかなぁ~!?😊



Rちゃんたちは 焚き火用の 


薪を使って


何かを作っているみたい♡


薪をどんどん並べて・・・


ヘビ? でもなく


電車? でもなく


ながい、ながーーーい 道を作っているんだって✨


4階建ての 大きいお家も 完成✨


もちろん 使ったあとは


ちゃんと 元の場所へ。



だいぶ体が 温まったところで


みんなで沢へ 行ってみることに。


橋を 渡るときに 


「こわい。」と 言ったRちゃん。



昨日の夜から 明け方にかけて 


強く降った雨。


それに伴い いつもより 水量が増えて


水が流れる音も 「ゴォーゴォー!」と


とても 大きく聞こえた。


だから 今日が 少しいつもと違うことを


Rちゃんは 橋を渡ったときに


体感したのかもしれない。



沢に着き、いつものように 


沢へ入ろうとする 子どもたち。


そこで 沢の前で 話をしてみることに。


「今日の沢の お水の量は 


いつもより多い? それとも少ない?」


「おなじー!!」 「おおいー!!」


「じゃあ 今日の お水の流れは


早いかな? それとも ゆっくりかな??


「はやい!」 「はやーーーい!」と


それぞれが 感じたことを 答える。



「昨日から 雨がたくさん 降っているから


いつもより お水の量が多くて、


流れも すごく速いんだ。


そんな時は 沢に入ってもいいかな??」と


尋ねてみると


子どもたちが 口々に「ダメー!」と 答えた。


「どうして だめなの?」と 聞いてみると


「だって ながされちゃうから。」と。答えた。


「そうだね、今日は いつもより


水も多くて 流れも とても速い。


入ったら 流されてしまうかもしれない。


だから 今日は沢に入るのは やめよう。」と話をして


今日は 入らないことを みんなで 決めた。



いつもだったら 楽しく 


安全に遊べる場所も


その時によっては 


とてもリスクのある 危険な場所に 


変わってしまうこともある。


だからこそ 子どもたちには


変化に気付き その時、その時


しっかりと 判断できる人に 


なってほしいなと わたしは 願う。




危ない場面は 日常にたくさんある。


車が たくさん通る道を 歩くとき


火を扱うとき


危険な虫に 遭遇した時


そういった場面においても


危ない!怖い!と 


やみくもに 恐怖を 植え付けるのではなく


どんな風に 行動したら安全なのか


ケガや事故を 起こさないためには 


どうしたらいいのか?


また 逆にどんなことをすると


事故やケガに 繋がるのか。



伝わりやすい言葉で 


伝わるまで 何回も


子どもたちに 伝えていきたい。


伝わることで、理解することで


自分の命を そして周りの人の命を


守れるから。



ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame