検索

たからもの

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


久々に 竹馬したら


高いのが歩けるし まだジャンプも できました。


身体が覚えてるね、まだ 老いてないねっ(と 自分を洗脳させる)。

「なに?」


Sくんが のぞきこむと


Kくんが ぐいっと ひもを引っ張って


よく見せようとする。


「さくらんぼだよ。」


わからなかったSくんが もう一度尋ねる。


すると Kくんが


「たからものだよ。」。


もー!!


泣いてまうやろー!(またか💦)


そうよそうよ、Kの たからものなの。


ただの さくらんぼじゃないのよー✨。


大事に 大事に 扱うもの。


大事に 大事に 思うもの。


それが 「たからもの」。


ずんずんが 奇跡的に見つけた 一昨日の「六葉」。


何気なく ぽいっとしてしまった たからもの。


探したけど 見つからず(月曜の成長日記参照)、


今朝も 時間あったら 見てみよっ!と 思い


行ってみると

草刈りしとるー!!(;´Д`)


かなりの運を 放り投げてしまったようだー!!( ;∀;)


ま、そんな ずんずんの話なんて どーでもいいね、


かわいい子どもの話を しよう笑。

久しぶりの ひよこまめに 泣く3人。


いちばん泣いてた KTくんは すぐ泣き止んで


今日初参加の KIくんの 手を 握ってくれた。

ひゃっほー!


元気な男子3人は のっけから ダッシュで坂を下りていく。


そんな後ろ姿を追う自分が なんか


なんか


しゃーわせ😊。

この間まで 桜吹雪で 明るかった並木道が


新緑の葉っぱで たくさんの影を落としている。

少し 暗くて ひんやりする この感覚。


子どもたちも それを 肌で感じてる・・・

と願おう(;^ω^)。

沢の近くに来たら


ザックをしょったまま


じゃぶじゃぶ入っていく 子どもたち。


水が 呼んでいる。

ジャングル探検 KTくんが どんどん行っちゃうぞー!


隊長 待ってー!!

遠くで余裕の笑みを浮かべている 隊長(笑)。

こちらは温泉旅行に♨。

よくある 場面。


「ちょうだい。」「かして。」


もちろん ことばなしに いきなり手が伸びる時もある。

2歳児初期なんて なおさら。


でも みんな 「それ」がほしいから


考える。


Sくんは 交換条件を出してきた。


「これ けっこうめずらしい 黄色い葉っぱだよ。どう?」


のようなことが含まれる 単語を発している(笑)。


でもKIくんは たからものだから 渡すわけにはいかない。


後ろ手に隠す。


みんな 知恵つけてきたなぁ😊。


成長の証。


そんなやりとりが ほほえましい。

お着替えや たたみも 興味をもって


自分でできるように なっていく。


KTくんが たたもうとしているのを


やってあげる!と 言わんばかりに


Sくんが 手を出してくる。


いいぞ いいぞ✨

水に濡れた荷物は 重い。


あっちで ころり、こっちで ころり。


一人 一マス(笑)。

こまめでの たからもの。


それは ちみたちだよ😊!


子どもたちの


純粋な気持ち、表現を見ていると


心おだやかになれる 自分がいる。


そして 少しだけだけど


自分が やわらかくなるような気もする。


「そんな見方や 考え方も できるなぁ。」って。


そんなふうに 想わせてくれる 存在って


やっぱり 「たからもの」。


きらきらしてる水面を見て思う。

みんなに 会えてよかった。


いつも ありがとう、 


あたしの たからもの。


いっしょに歩いていこうね、


この先も。








ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame