検索

だいじな じかん

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


「ラインで送る」ということを


未だに 「メールするね」と言ってしまいます。

この後ろ姿 かっこよくない??


CDの ジャケットに使う?(なんのCDだ!w)

今日は 5人のメンズデー。


どんな一日になるだろか??


Kちゃん いつの間にそんなに


たくましくなったの??


お母さんと分かれるときに


笑顔で 手まで振って。


Tシャツには まさに


「Good Luck」(笑)。

今日は 新しいメンバーも加わり


うれしい メンズたち。


Tくんは 長老さながらのいでたちで


顔つきも きりりと 勇ましく


頼りにしてるぜっっ!!

からの いきなり 置いてけぼり(;^ω^)。


まぁ 楽しいことが


たくさん 転がってるから しょうがない(笑)。


Wくん ぼちぼち 行こうね✨。

Kくんと Tくんが


なにやら もめている。


Kくんが 持っている石をほしくて


Tくんが 無理やり取ろうとした。


Kちゃんは 「これは ママにあげたいのぉぉぉぉ!」


と 譲らなかった。


そこで 両者 見つめ合う。


けっこう 長い。


1分は 立っている。


見つめ続ける 1分は


とても長い時間だと 思う。


その間に


ふたりは なにを考えていただろう。


それから また無理やり取るでもなく


泣きわめくでも なく


ふたり 静かに


別々の ことをし始めた。


おもしろい。


実に おもしろい。

おぉ!


こないだより 数が増えてる気がする。

子どもたちも 気になる様子。

下にも いくつか 落ちていた。

この いかにも 痛そうな


チクチクの 物体を しげしげと見つめるも


手で つかもうとする子は いな・・・

いた(笑)。


しかも けっこう しっかり持っている。

中を 開けてみると


いっちょまえの かたちをした


ちっちゃな栗が でてきた。


か、かわいい。


アクセサリーサイズ🌰。

Kくんと Tくんは


スタスタと 先を行ってしまう。


足腰が強く


たくましくなってきたなと思う。


でも 後ろも 待っててね💦。

池の すぐそばの 石を 渡る。


四つん這いになってね。

これ 足を滑らせたら すぐに沢の流れへ。


一寸先は闇。


子どもたちは バランスよく


というか 考えて 遊んでいる。


危ないところは


両手を使って。


そうすると 安定して 力もいれやすいということを


あそびの中で


習得してきたからだ。

さぁ 今日は


さらに 森深くまで 行ってみようか。

大きな沢の流れ、石橋・・・


初めて見るものに きょろきょろするWくん。

途中見つけた 「栃の実」(りんご飴じゃないよw)。


この辺は トチノキが 多くて


大きな 葉っぱに癒される場所。


あたしの 大好きな 木🌲。

なぜか くんくんと


匂いを嗅ぐ Kくん(笑)。

また 橋が現れた。


下を見ると 怖い・・・。


ここから 「こわいー( ;∀;)」


が出て 泣き始めたWくん。

3人は どんどん上っていく。


Rくんは 先に上っても


必ず 振り返って


こちらを 見てくれている。

手を 地面につけることに 


抵抗のあったWくん。


でも 高い段差は


どうしても 四つん這いでいかないと


上れない。


何段か 挑戦して


やっと 自分から 上がれるようになった。


「できる力」は ある。


それを いつ どう使うかだ。


子どもたちの 力は


たからものだ。


たからものは


しまってないで


見せていこうよ。


もうすぐ 上りきるよ!


上がった先には


大きな トラックの倉庫。

本日 メンズデーにつき


メンズの大好きな 大きなトラックを


少し 見ることに。


「おっきいね~🚚!」

その後ろ姿を


名残惜しそうに 見る 子どもたち。


好きなものは いつまでも


見ていたいよね😊。

帰り道


朝と 同じような光景が 再び。


Kくんと Tくんが


今度は 栃の実をめぐって。


始めは 争うものの


その後 やっぱり 見つめ合い


動かない。


そして 同時に 解散。


なんなんだ!!(笑)


この なにか 考えてるであろう 時間。


これが だいじなんだなぁ。


自分の タイミングで


自分を 分析したり


理解におとしこもうとしたり


しているんだろうか。


なににせよ


ここで おとなが 割って入り


「こうでしょ!ああでしょ!」


と 言われると 混乱して


その整理も できなくなってしまうんではないか


そう思った。


子どもたちの


動かない じかん


じっとしている じかんを


だいじにしようと 思った。

うわー!


今日も ギリギリセーフ(;^ω^)。


雷も鳴りだした⚡。

「かえりたーい、ママー( ;∀;)」


と 泣き出す Wくん。


そこへ Rくんが


あたしのところへ来て こう言う。


「Wくんの 水筒は?」


Rくんなりの なぐさめかたをしたかったのだろう。


水でも 飲んで落ち着きな、という


メッセージのようだった。


そんな サポート すてきだなぁ。

涙と 鼻水を 垂らしながらも


そのあとは 自分で


服を たたむことができたね。


やれば できちゃう力を もつ Wくん。


これからも いっしょに よろしくね😊。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame