できそう?

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


印鑑の押し方が 


力強いと よく言われます。

そこらへんに 落ちている


馬酔木の実。


これがまた すごい芳香!!

Iくんは ひとつも表情を変えずに


「いいにおい・・・」


と言っていたけど


真相はいかに!!(笑)

今日は 大人数で 活動する土曜日。


行きたいところは ひとぞれぞれ。


なかなか 決まらない。


そんな中 Hくんが


「お山へ行きたい。」と言っていた Mくんに


「お山で なにしたいの?」


と聞いていた。


そして それを聞いて


「あっちの お山でもできるよ。


 そこより もっと違うことができるかもしれないよ。」


と伝えていた。


自分の行きたい方への 誘導だとは思う。


でも それを 無理強いするのではなく


Mくんの気持ちも 考え


Mくんの「したいこと」を 大事にして


考えを提供したことは


すばらしいと思った。


そして Mくんも


「行ってみる!」となった😊。

沢で いろんなものを浮かべて


場所によって


流れていく速さの 違いに気づいたTくん。


何度も 何度も 


流しては 追いかけ


そして 観察する。

大きな岩へ登るときに


Kくんと 登るタイミングが重なり


自分が先に 登りたい


じゃまされたくないという 一心で


けんかをしてしまった Rくん。


Kくんが 泣きながらいなくなり


ゆうゆうと ひとり登れた 岩の上。


でも


ぼーっとしている。


なんだか 気が晴れない感じ。

あとで聞いてみると


Kくんが 泣いていたのは気づいていたと。


でも そこで


「Kくんは にこにこが いい。」


と 言ったRくん。


本当は わかっている。


いつだって ことばが足りないんだ。


でも


それを 繰り返していたら


Rくんのまわりから


人が 離れてしまう。


友だちのために


そして


自分のためにも


「よいコントロール」が


大事だねぇ。


がまんのない コントロール。


おとなだって 難しい。


でも


やってみない?


応援するから。


そこで あたし自身が 言われて


ちょっと 一歩ふみだせることばを


Rくんにも かけてみた。


「できそう?」


「うん できそう。」

わたしたち おとなは


子どもに対して


「わかった!!??」


「次から できる!!??」


たいてい 「!!」という


強い圧を


ついかけがちだ。


そこを 相手に寄り添って


これだったら できるかな??


これだと できそう?


そんな ことばかけができたら


子どもたちの 一歩も


変わってくるかもしれない。

その一歩が


もしかしたら


大きな ジャンプに


つながるのかもしれない😊。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

渡し合う