できない、を感じる

こんばんは!

元 こまめっ子母ちゃん、

スタッフのももこです。




蚊取り線香と、Aちゃん。


夏の風物詩(?)




その蚊取り線香から出る煙を


Sくんと共に


捕まえようとする。



が、なかなか捕まえられない!




本日は山の主たちが


生き生きとしていました。



ムカデまでも!!



この虫は絶対に触ってはいけないよ!


と、みんなとお約束。



こうやって目で見て学ぶ。


心で感じる。




こちらも目と心で感じたTくん。


「黄色い葉っぱだぁ!」


と、指でなぞる。




「こっちのはオレンジ!」


と二つを比べてみる。



確かに


左の葉っぱは一部が少しオレンジになっている。




違いを感じて


自分の意見を持って


そして発信する。





途中


大粒の雨が降ってきたので


カッパ装着!



Mくんも


苦戦しながらも


なんとか装着完了!



フードのところに手を入れてしまったり


足がなかなか出なかったり


着るのが難しいよね。





靴が雨で濡れてしまったので


替えの靴を履こうとするTくん。



普段履いていない、


履き慣れていない靴なので


上手く履けない。



履けなくて


涙も出てしまう。




ここで大人が手を貸せば


Tくんは、すんなり履けたと思う。



だけど


そうして良いのだろうか?



Tくんの成長の芽を


摘んでしまうのではないか?




こういう場面は、よくある。



その時


大人が手を貸すことが


その子にとって良いのかどうか。



そこを必死に考える。




『こどもの成長のために必要かどうか』



そこを常にブレずに持ち


接することの大切さ。




時間はかかりながらも


Tくんは靴を履いた。



履けた。





出来なくて泣けちゃうことって


たくさんあるよね。



でもそれを乗り越えた時


きっと


最高の感覚が待っているから。





おめでとう!


のハグも


たーくさん待っているから!



未来は明るい!




だから


「できない!」



これからもたくさん感じていこう!








0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいじ