どっちかな

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


「愛媛」ナンバーの車が


「愛鷹」に見えてしまいます。


画数多くて かっこいいと思うんだけど 


今後 できないかなぁ。

今日も 暑かったー!


夏らしい 夏が来た!


そうそう 夏ってこんな感じ。


あまりに長かった梅雨で


夏の暑さを 忘れていた💦。

朝の集合時間のときに


わたしたちのまわりを


ずーっと 飛んでいてくれた 蝶々。


「行ってらっしゃーい。」


と言ってくれてるのかな?

用心深く 確認(笑)。

こちらでは Aくんのまわりに ひとだかりが!


何を持ってるの??

箱メガネ!!


沢で お魚や いろんなものを見るのに


使うんだって!


考えて 作ってきたんだね。


沢に着いたら あたしにも使わせてね!!


早く 行こう行こう 沢へ!!(笑)

ん??


Iくんの 見てるものは??

イヌビワ~✨

なんか今年のは


やたら でっかい。


なんでだ??


でも 中は いちじくみたいで


つぶつぶもあって


おいしいのよねぇ。


みんな まだ赤くなりかけの実も


「食べたい!食べたい!」


と言うので


選ばせて 採ってさしあげた。


お味は??

だそうな。


目は 口ほどに ものを言う(笑)。

長い階段を下りたら


さぁ 沢までもうすぐだよ!


というところで


Aちゃんが へたっとしてしまった。


一度水筒の水を飲んで


またザックを背負って行こうとなったとき


「やれない!」


「できない!」


と 言う。


Aちゃんは 「やってほしい」のだ。

(ここでは 背負わせてほしい)


そんなところで 立ち止まらなくても


やってあげればいいじゃん


と 思われる方もいるかもしれない。


でも 日常の


そういう 小さな 小さな


「乗り越えていく場面」


に 直面せずにいたら どうなってしまうんだろう。


積み重なるものは


大きくなる。


「Aちゃんは 自分で背負うという 気持ちがあるの?」


「うん。」


「それなら 待ってるから


 時間かかっていいから やってみな。」


すると 泣き声がおさまり


少しずつ 進みだした。

できたときには


前を見据えた


しっかりした表情。


満面の笑みで ハイタッチ✨。


まわりのわたしたちが


なだめすかしたり


ごほうびを つるしたりすれば


その場では


「しのげる」けど


「乗り越える」ことには


なっていない。


あいだみつを氏の 詩を


思いだした。


「やれない」


「やらない」


どっちかな?


あー 耳が痛いでございますー(笑)。

沢では すでに 激しく 水合戦!!

藍染の手つき!


日本の古き良き 風景(笑)。

そうそう!さっきの箱メガネ 見せて!!


「・・・水が入ってる。」


つくってきたAくんも


「すぐ壊れたー!」と言っていた。


明日は どんな改良をしてくるか


はたまた なかったことになるのか!(笑)

水辺で 華麗な


ヨガポーズ。

やたら うれしそうなメンズ(笑)。

Iくんに いたっては


「ドキドキする・・・♡」って。


え そんな え はやいよ(笑)。

そんな すてき女子Yちゃんに


泥パックをしていただく。


顔が汚れてるから


泥パックしますね、とか


言われないでよかった(笑)。

陸では


パーティーの準備をしているそう。

おいしそう!!


いろんな料理に見立てていた。


創意工夫だなぁ✨。

長梅雨による 増水で


いつもの道に


浅い沢ができている。


そこが もうすでに


子どもたちの 遊び場だ。

自分が


「楽しい」と思えるかしだいで


景色は 変わる。

「楽しい」は


自分が 創り出す。


「つまんない」も


自分で 創り出す。


さぁ


あなたは どっちかな??


自分にも 問うてみる。





ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame