にこにこの わっか

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


店で 袋はいらないというのに


小さなポリ袋に 入れてくるのが


謎です。

えぇ そうです。


今日も 陽気な


こまめファミリーです(笑)。

陽気な人たちに囲まれて


今日 こまめデビューしたAちゃん。


デビューとは言っても


おやこまめに 3カ月から来てくれていたAちゃん。


2年近くもの お付き合い。


これからも 新たによろしくね。

慣れたもので


母との別れのなみだは 早々に涸れ(笑)


先輩たちの 未知の行動に


興味津々(笑)。

フラッと 言ってしまうAちゃんに


「はちさん来たら こうするんだよ~。」と


教えてあげる Oちゃん。

なに見てるのぉぉ??


ますます 興味津々になっていくAちゃん。


そうやって


しぜんと なかまに打ち解けていく。

気づくと ひょいっと


ザックをしょっていて

気づくと


ふつうにザックを おろして


みんなと 同じように


ザックを 並べるAちゃん。


あれ?


前から いましたよね??


見まごうくらいの まじりっけ100%(笑)。


たのもしい。

2歳になりたての 背中がふたつ。


しっかりと 歩いている。


前へ 進んでいる。

たまに お母さんのことが頭をよぎり


泣き出してしまう Hちゃん。


それでも


みんなのしていることには 興味がある。


みんなと 同じように


小さなお山から


おしりすべりを しようとしていた。


息をのんで見守る。


この表現って


大げさではなくて


本当に そういう感じ。


ここで 声をかけちゃいけない


って思うから。


Hちゃんが しようとしていることを


ただただ 見守り 応援する。


それも サポートのひとつだと


思っている。

でも 下りようとしたときに


Hくんが 横切った。


なにしてるのかな


と思ったら


Hちゃんが おりるであろう場所に


つるが 引っかかっていたよう。


それを とって


よけてくれたのだ。


あぁ 涙がにじんじゃう。


まるで 警備員のように


Hちゃんが 下りきるまで


つるを 持っていてくれた。


そういう やさしさを


見つけられた あたしは しあわせ。


子どもたちの


そんな ひとつひとつの行動に


意味があるのだから。


今まで いくつ見逃していただろう。


つぶさに


見ていきたいなぁと 


切に思う。

Oちゃんも


「Hちゃん、ここに乗っていいよ!」


と 最新式の乗り物に


乗せてくれた。


相手の 名前を呼んであげるって


とっても すてきな行為だなぁ。

ひとを だいじにできるひとは


だいじにされてきたんだろう。


だいじにされた ひとは


また だれかを


だいじに できるだろう。

ぐるぐる まわるね。


年下も 年上も 関係ない。


にこにこで あったかい ぐるぐるを


まわしていきたいね。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいじ