はじめまして との距離

こんにちは。


元 こまめっ子母ちゃん、


スタッフのももこです。



Sくんの顔に


チョンチョンとちょっかいを出すTくん。

お互い嬉しそう。


そんなTくんは


今日がこまめ初参加。


そんな風には思えないこの笑顔。



でも朝は


母と離れたがらず


しがみつく。泣く。



泣きじゃくるTくんを見守る


先輩こまめっこたち。



この子たちも


みんな通ってきた道だ。


だから気持ちがわかるよね。



何をするでもなく


ただ、見守る。



でもTくんは


すぐにみんなの輪の中に。



みんなが何かを見つけると


一緒になって


じっと観察。



今日の活動場所の沢に到着。



皆が威勢よく入水している中


Tくんは沢と距離をとる。


「水に濡れるの嫌なんだよね」


と。



でも


みんなが楽しそうに遊んでいるのを見て


興味がどんどん湧く。



そしてその後



遠くから眺める

近づき水の様子を観察

足だけ入ってみる

両手で触れる



というふうに


ゆっくりと行動を変化させた。



はじめまして!な場所


はじめまして!な遊び


そんな中で少しずつ


自分をその環境に近づける。



石の下に何かいるのではないか


という興味も出てきた。



最初は汚れるのが嫌で


指先だけで動かそうとしていたけれど


それでは石は重くて動かない。



考えた末


手の汚れより


興味の方が勝った。



しっかり両手で持ち


石を転がした。



興味は心を動かすね。




沢から上がり着替えを。


Tくんは


「どうしたらいいの?」


とは聞いてこない。


教えてくれるのは


先輩こまめっこの【行動】



何をしているかをじっと観察し


同じようにやってみる。



Tくんの視野の広さ


観察力に


こちらもびっくり。



よーく見て


それをすぐ


自分のものにしている。




Tくんの


先輩こまめっこへの興味と


観察力で


なんだか


ずっと前からいたんじゃないか?と思えるほどの


空気感。一体感。




きのこを見つけたMくんの


「きのこって言うのはね〜」


という講義にも


しっかり耳を傾けてくれた。


こうやって真剣に聞いてくれるって


嬉しいよね。




お迎え場所までの道のり。



「階段の道から帰りたい!」


と、いつもとは違う道のりを選択したSKくん。


それに続いたTくん。


(他の子たちはいつもの道を選んだため


 二手に分かれることに)



【階段の道だから、階段を通る】


と思っていた先輩こまめっこSKくん。



でも新入りTくんは


階段の横の


“階段ではない道”


をスイスイ行く。



それを見たSKくんは


「そういう行き方もあるのかぁ」


と感心し


自分もそれを実行する。



新しい発想って


刺激になるね。


今まで当たり前だった考えが


いとも簡単に変化する。




はじめまして


はドキドキする。



だけど


こんなことができるんだ!


という新しい自分も発見するし


そのドキドキも


どんどん変化する。



周りにも


良い影響がある。



良いことづくし!



これからも


たくさんの【はじめまして】と


出会ったならば


その距離をどんどん近づけていこう!








0件のコメント

最新記事

すべて表示