検索

ひとつひとつ

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


初めて zoom会議というやつをやりました。


慣れなさすぎて


画面に顔を近づけて 話したり


耳を画面に押し付けたりしていました。


やはり コミュニケーションは 「生」に限ります。

雲一つない 青空


柿の 若葉


そして 今日も元気な子どもたち。


最高の コンディション✨。

朝 親御さんとわかれるときに


泣いて泣いて みんなより離れたところへ 


行ってしまった Iくんがいた。


みんなは いつもの場所に座りつつも


気にしているよう。


Mちゃんが


「おともだちぃぃぃ!!!」


と呼んでくれた。


あおちゃんが 「Iくんて名前だよ。」と言うと


一字ずつ 丁寧に その名を 投げかける。


すると ゆっくり 戻って来る Iくん。


こころが 届いたのかな。


そして 近くに来たIくんに


「はい、葉っぱをどうぞ。」


と 渡しに行った IYくん。


そう その姿は自然に。


すてきだなぁ そゆとこ✨。

その葉っぱをじっと見つめる Iくん。

口元が 緩み始め


笑みが こぼれているのがわかる。


こころ 動かされると


顔にまで 出ちゃうよね😊。

Kくんの IYくんを支える手も


なんだかいつのまにか たくましく


そして 自然体。

潤ん瞳で IWくんを ぎゅっ♡


からの~


そのまま 「まぁるくなれ♬」

えぇぇ!!


さっきまで 隣にいた彼ですよ??


同じ人ですよ??


顔!!(笑)

今日も へびいちご祭り。


この季節しかないものを


堪能するって 


すっごくわくわくするね✨。

集中して採っている Hくんに


IWくんが きいていた。


「どれが へびいちごの葉っぱなの?」

「これだよ。葉っぱが 3つに分かれてるやつ。」


葉の 分かれ方で 説明するのって


すごい!


あたしなら 「まわりが ギザギザしてて・・・」とか


言ったかな。


よく観察してるからこその Hくんの 説明。


「わかったぁ!これかぁ!」


と IWくんも すぐに 納得した様子。


「伝える」ことって


けっこう 簡単なようで 難しい


難しいようで 簡単な技術!?

そして へびいちごの お味は???


「うわー 酸っぱい!」と IYくん。

「おいしぃぃ。」って Mちゃ・・・


だから 顔だってば!!(笑)


おいしいのか???

たけのこ 乱立(;^ω^)

これまた自然体に たけのこを


すっすと 運ぶ Kくん。


どこへ お持ちで??

たけのこもゲットして


至福の顔(笑)。

Iくんが 


「ずんずん、みんなのところへ 連れてってよ。」


「石が大きくて行けないよ。」


と言うので


「ひとつ ひとつ のぼってみたら?」


と伝えた。


岩が いくつもあるところが


目の前に飛び込んでくると


乗り越えられなさそうな気がする。


うん わかる わかる。


でも


まず ひとつを 決めて


それに 挑戦してみたらいいと思う。


それが できたら 次へ 次へ。


それを ひたすら 繰り返す。


ただ 淡々と。


目的を 見失わず。


これが けっこう 難しい。


Iくんは


考えた。


そして 

岩の周りを ぐるっと まわって


みんなのところへ。


今日は こういう方法をとった。


自分ができる方法を 考えて 行動したのだから


いいんでないか。

そして 握りしめていたカラスノエンドウの


「おまめ 見てみて。」と


あおちゃんに 見せる。

そんなほほえましい様子を


影から 見守る・・・


わけではないが


この空間が とっても楽しそうだったHちゃん。


「楽しい雰囲気」って


伝わってくるもんね~✨。

IWくんも 笹の葉を 舞い散らせ


喜びを 体現(笑)。


この後ろ姿 ひざの角度


おもろいな。

冬に ここ かもしか小屋を借りてから


4カ月過ぎた。


その間 枯れ木のように


寒々としていたこの光景が


今は 若芽が吹き


若葉が しげり


花も咲こうとしている。


自然の中にいると


季節ごとの移り変わりを 見ていて


その 粛々たるや・・・


と 思う。


ある お坊さんが言ってた。


「わたしたち 人間は


 足があり いろんなところへ 移動できる。


 でも 植物には 足がない。


 だから 置かれたその場所で


 生きていくしかない。」


と。


確かに


植物は 言い訳できないし


逃げも 隠れもできない。


そこに 定められた 運命を


まっとうする。


偉大だ・・・


偉大過ぎる。


そんな中で


活動をさせてもらってること


改めて感謝して


子どもたちと 向き合わなきゃだなぁ。

あたしの先生は


いつでも


しぜんと 子どもたちだぁ✨。


【ずんずん お山のお花コーナー】


ユウゲショウ

この子 かわいいよね💛


夕方から お花が咲くから 夕化粧という


すてきな名前がついたそう。


でも 朝から 咲いてるで(笑)。

ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame