検索

ひよこまめ

こんばんは。「子どもたちの自信に繋がる一歩を全力でサポートします!」あおちゃんです✨


お母さんとお別れして、駐車場の方を向いて


しばらく動かずに立っているIちゃん。


泣いているのかなと、そっと覗きこんで見ると。


Iちゃんは目を閉じて、まるで今の状況、そして気持ちを受け入れ、


心を整えているようだった。


静かに目を開けたIちゃん、心が整ったのか、


わたしが「一緒に行こう!」と言って、手を伸ばすと、


「うん。」と言って手をとり一緒に歩き出してくれた。



きょうの天気は雨。


晴れた日に比べて、たくさんの生き物に遭遇する。


ミミズに触ってみたり、



遠くからカタツムリの動きを観察してみる。



おそるおそる持ってみようと、手をのばすIくん。



気付いたらすでに2個持ち(笑)

カタツムリを見て、「どーなつ」と言う。その発想が面白い。


今度はカニを持って、近くで見せてみると、


にこー!!とこの満面の笑み☺たまりませんな~(笑)

わたしまで楽しくなるよー!



雨になると生き物だけではなく、たくさんの水たまりにも出会う。


水たまりが大好きな子どもたち。


Mちゃーーん!

かがむたびにアンパンマンが泥沼につかっているよー(笑)



荷物を置いて解放されたのか、走る!!


走る!!


そしてくるっと振り向いてこの笑顔✨


まるで「行こう!」とでも言ってくれているのだろうか!?


よし!それならみんなあの丘の上まで一緒に走ろうじゃないかー😀(笑)

ビューン!!


「おーい、おーいここだよー!」とIくん。

なんと一人で上まで登り切ったのだ!すごい、すごい!


そのあとは、ひゃっほーい(笑)


おしり滑りたのしいね!


Tちゃんはなんと走りながらおりてくるスタイル。


雨が降っていても関係ない、みんな全力で楽しむ。


いつからいい天気=「晴れ」と思うようになったのだろう。


晴れの日には晴れの日で、雨の日には雨の日で、


それぞれ良さや、晴れだからこそ、雨だからこその発見がある。


きっとこどもたちにとっては、いい天気も、悪い天気もないんだろうな。




こんな素敵な笑顔を見て、ふと感じた☺




帰り際、、置物と化すIくん(笑)

たくさん遊んで電池切れにでもなってしまったのかな(笑)


そんなIくんたちを、気にして何回も振り返ってくれるMちゃん。


先を行きながらも、後ろのお友達がちゃんとついてきているか、


心配してくれていたんだね。ありがとう♡



お着換えタイムでは、やってくれるのをただ待つのではなく、


自分から「はんぶんこ」をやりだすIちゃん。



しかもちゃんと四角になっていて、とてもきれいなたたみ方だった。


そしてTちゃんも一人でどんどんやっていく。



自分の着替えがおわると、今度はお友達のお手伝いを


してくれていた。


その姿をじーっと観察しているMちゃん。


出来るところまでは一人でやってみる。


そして一人ではまだ少し難しいことは、お友達にお手伝いしてもらい、


一緒にやり方を学んでいく。


Mちゃんもこれからできることがどんどん増えていくね。


ただ一緒に遊んで終わりではなく、


一緒に仲間たちと過ごしていく中で、支えあいながら、


たくさんのことを学んでいこう。


一歩ずつ自分のペースでね。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame