みんな空の下

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


お店で注文時に 「これにアイスクリームのっけて。」と


何やら 店員さんを困らせていたおじさまの後ろから


「お金あげるから!」と マダムの友人が援護射撃していました。


お金があるって すてきです。

遊びきって疲れて座り込むSくん。


なかなか坂を上がってこない。


それを見て また来た道を戻るKくん。


手をそっと差し出し「ばんがれーばんがれー。」って


声をかけながら。


さらに Sくんが立ち上がる途中にも


「お!お!よいしょー。」って 合いの手も入れてくれて😊。


おやこまめから いっしょの 相棒。


ずっと残ってるよね、


その顔


その声


いっしょに過ごした時間。

だから自然と こんなに ひっついて♡


妬けちゃうわ。

沢では Kくんが


小石を何度も何度も投げていた。


今までなかったな、こんな遊び方。


よく見ていると 「やったー!」と喜ぶ場面が何度か。


さらによくよく見ると


ただ やみくもに石を投げているわけではなく


的を決めていて それに当たると「やったー!」なのだ。


将来 野球選手決定。


コントロール抜群、しっかりつかんで 


投げたい方向に ちゃんと石が飛んでいく。

そのあとは こないだから始まった 


小石を積んでの「お山づくり」。


そこにSかいじゅうがきて ふんづける笑。


いやな顔をして Sくんに


「あっち行く!(あっち行ってよ)。」と 促す。


でも Sくんは 大好きなKくんと 関わりたい。


どうするか見ていると

小石を渡して 協力し始めた。


険しかったKくんの顔が ゆるんで


「ありがとう。」と一言。


その後は もっとないの?という表情で


手を差し出して Sくんが運ぶ石を待つ(笑)。


いろんな コミュニケーション、


考えてるね 2歳さん😊。

今日は 二人のひよこまめだけじゃなかったね。


かえるさんや


なんと・・・

わかりますか?

やごー!!


しかも 胴体が太い。


オニヤンマかな、この辺は いっぱい飛ぶから。

コゲラかな?


なにやら いっぱいいるぞ?


何が始まるの??


お山で たくさんの仲間たちと 遊べた ひよこたち。

緑のトンネルを くぐれば


お母さんが待ってる。


そう思ったら


自然と足どりが軽くなる。


小走りだって できちゃうもんねー😊。

そのときに いる場所が違うだけで


みんな ひろーい青空という 


おんなじ 屋根の下には いるわけで。


そしたら 少し 安心する?


だって 想えばきっと


会えるから。


会えない間


ちょっとの間


前より 成長してみせるから。


そしたら


ぎゅっと してね。


飛び込んでいくから😊。

追伸


あたしが 飛び込んだのは


おっきい おむすびだったわけで(笑)。


Sくんお母さんが


こまめで採った たけのこを入れて


握ってくれた ほっかほかの愛情むすび。


おいしくて うれしくって ぺろりと 食べちゃった。


ごちそうさま🍙(´~`)。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame