top of page

わたしのやり方

こんばんは!

元 こまめっ子母ちゃん、


スタッフのももこです。


落ち葉を拾っていたら、そこに役目を終えた?蜂の巣が。


初めて見た子も多いだろう。


それぞれみんなが、じっと観察する。


自然が生み出すものは、見惚れるほど美しい。


本日こまめデビューのYくん。


1人になった寂しさをグッとこらえる。


が、やはり寂しい気持ちは抑えられない。心が外に向かない。


朝の挨拶で丸くなる時も、なかなか手を繋ごうとしない。


そこに現れたKちゃん

Yくんの手を取る。しかも、優しく握る。


Yくんはふんわりとそれを受け入れた。


うん、大丈夫。この風景を見て、そんな風に私は感じた。


それでもやっぱり悲しさは忘れられず、泣くYくん。


先輩こまめっこたちが順々に気に掛ける。


声をかける子、見つめる子、頭を撫でる子。


それぞれの方法で。工夫して。


そんな中はじまったジャンプ大会。


一番年上 Tくんが、大きく生き生きとしたジャンプを繰り広げる。


それにみんなが追随する。

Tくんをじっと観察するYくん。


「ボクにもできるかも知れない」


そう感じたのか

笑顔を見せ飛び降りる準備!


だけど、自分はまだジャンプはできないと判断し

するすると、足から降りることを決める。


この時点で、意識が前に進んでいる。


もう、朝のような寂しさはないね!



どんなに寂しくても、悲しくても


こどもたちは自分の力で前に進んでいける。


その進み方、方法を見つけるのも自分。


自分に合う方法を見つければ良いんだ。


こちらは、バケツに水を入れていれ、運ぼうとしている子たち。


どこまで入れる?もう少しかな??


となんだか楽しそうに相談。


さぁ運ぶぞ!と少し進んだけれど。。。重い。


思うように前に進まない。


そこで考えたSくん

「○くん、手伝って!」「はい、○くんもね!」


とお立ち台?から指示を出す。とても的確に。


私も指名され(笑)一緒に運ぶ。


やろうと言ったわけではないのに


自然とみんなが「ヨイショ、ヨイショ」と声を合わせているのが面白かった。


Sくんが指示を出してくれたお陰で、無事に任務完了!



自分でやる方法を考え、やってみる。


方法を相手に伝え、一緒にやってみる。


簡単そうで、難しい。



それでもこどもたちは諦めずに進む。


喧嘩しても、ぶつかっても、諦めず進む。


だって、やりたいから。


一緒にやりたい相手がいるから。



失敗して、その方法がダメなことを学ぶ。


じゃあ次はこうしてみよう、と新しい道が開ける。


失敗って良いことだらけだ!


何往復もして、何度も何度も繰り返して


新しい自分を見つけにいこう!


その先には笑顔がいっぱいだからね!




0件のコメント

最新記事

すべて表示

表情

Comments


bottom of page