検索

ゴールテープ

こんばんは。「子どもたちの自信に繋がる一歩を全力でサポートします」あおちゃんです✨

子どもに「暑くて溶けちゃいそうだよー。」と伝えたら「溶けないよー、溶けるのは氷だよ。」と冷静に言われました(笑)

しかしここに暑くて溶けてしまった!?ではなく重たいリュックに耐え切れず、フニャフニャになって倒れこんでしまったMくんが!


そこへさっと手を引っ張って起き上がらせようとしてくれたMAくん。

ただ起き上がらせてくれるのを待つのではなく、Mくん自身ももう片方の手を地面に押し付けその力を利用し起き上がらろうとし、ようやく立てたのだ!!


だがしかしまた少し進んで倒れこんでしまったMくん。

その姿を見たMAくんはすかさず大事に持っていた花をわたしに預けて、いざMくんのところへ駆け寄る。

MAくんとそして近くにいたTくん、どちらかが「3人」と言うと、彼らの周りにいたSくんやMちゃんまでも助けに加わる。



リュックや手を持って引っ張り、なんとAくんは足を持ち(斬新!笑)、5人のおかげで無事起き上がることができたMくん。



「3人」、、、自然と出てきたその言葉には「2人よりも3人だともっと力が出るよ。」と周りのみんなに伝えているように感じ取れた。

だからその気持ちを受け取った周りの子どもたちは、助けに加わってくれたのかもしれない。

私たち大人が入らなくても子どもたちだけで助けようとしていたこの空間はとても素敵だったな。

そしてこの話にはまだ続きが、、、。

川に入っていた時、岩と岩の間に足がはさまってしまい困っていたMAくんを助けようとしてくれたMくん。

何回も助けてもらったこと、その気持ちが嬉しかったこと、子どもながらにしっかりと記憶に残っていたのだろう。

誰かにあげた優しさは巡り巡って必ず返ってくるんだね。


昨日に引き続きヘアメイクサロンがオープン!!

大盛況につき本日はアシスタントWちゃんも加わりました。


持ち込みオッケーなこのお店。可愛いお花をたくさん持ってきてこれ付けてください!とMちゃん。



敏腕アシスタントのWちゃんはMちゃんを見て似合いそうな葉っぱを次々と見つけてきてくれる。

おかげで大満足なMちゃん!カメラを向けるとお姫様ポーズ!(笑)



ここでは誰でも可愛いプリンセスになれるんです♡皆様のご来店お待ちしております!(笑)


オシャレに夢中になっている間メンズたちはというと、

ブロック塀の上に乗りバランス感覚を養ったり、、



冷たくて気持ちいねー!!

兄弟そろって仲良く川に手を入れて水の流れを確かめてみたり、


Iくんは二日連続カニを見つけて嬉しそう。




部活を終えてお腹をすかせた男子学生のようにお弁当を口にかきこむAくん(笑)

エネルギーをしっかりチャージし元気いっぱい!!




KくんとMくんは道路にある排水溝に木や石を何回も入れて遊んだり、、



まだまだ遊び足りないぜ!と言わんばかりの子どもたちが

みっちゃんと共に走る!



そして走る!!




ようやく顔つきが柔らかくなったKKくん。

珍しく長い間「お母さんがいない。」と涙が止まらなかった。

そこへいつもお散歩中に声をかけてくれるおじさまがKKくんに「どうして泣いているんだ?」と声をかけてくれた。

「お母さん買い物に行っちゃったの。」と切なそうに答えたKKくん。

「おじさんと一緒に散歩するか!」と仲良く手を繋いでどこまでも行く2人。



その二人の背中はまるで仲の良い祖父と孫のよう。

「もう泣かないか?」とおじさまが聞くと涙をぐっとこらえて「うん」と答えたKKくん。

指切りげんまんをし、男同士の約束をしたKKくんはちょっぴり男らしく感じた。





おじさまの子どもたちを見る目はとても優しく、一緒に遊んでくれたり、泣いている子には優しく語りかけてくれたり、家族のように大事に接してくれる。

こんな人たちがこの場所にはたくさんいてほんとにありがたい。



「お母さんに会いたい」と泣いている子どももいれば、泣かずとも「今何時?、お母さん来る?」と何回も尋ねてくる子どももいる。。

泣いたり、笑ったり、、それぞれがいろんな思いを抱え過ごす5時間。

寄り道しながらも目指すはお母さんが待つゴールへ。

重たいリュックを背負いながらもお母さんの元へ一直線!


ゴールテープを切った先には大好きなお母さんが待っていたね。。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame