タイミング

こんばんは。


「子どもたちの自信に繋がる一歩を


全力でサポートします!」


あおちゃんです✨


朝から 元気いっぱいに 


走る 子どもたち。

すると Mちゃんが 嬉しそうな 


顔をして 戻ってきた。


どうやら 素敵なお花を 


見つけたみたい♡

リュックを背負って さぁ出発!と思ったら、


すぐに立ち止まった 子どもたち(笑)

優しく包まれた 手の中には 何がいる??

ほら、見て~! ダンゴムシ!

Kちゃんの手には カタツムリ♡

おやおや 今度は ミミズにも遭遇。

少し歩いただけで、いろんな生き物に 出会えるね😊



今日は 沢に向かって 長い階段を おりていく。


大きいリュックを 背負いながら


一歩、一歩 自分の足で 


進む姿は なんともたくましい。

「お水行きたいねぇー!」と


声が 聞こえてくる。

さぁ、橋を渡ったら、


目的地までもう少し。


ようやく 辿り着きました✨


さっそく ビニール袋を片手に 


水遊びが 始まる。

Aちゃんは 大好きな シャワー遊び♡


Mちゃんの 泥がついた手を見て、


「(この水で)洗って~☺」と。

そして 次はなんと 髪の毛に!


めっちゃ真顔な Iくん(笑)と 思ったら

デレデレじゃないですかー!(笑)

そして Hちゃんには 冷たい石を


ほっぺたに ピタッとされて・・・。

ここでも なんだか嬉しそうな Iくん(笑)

終始ニヤニヤですな😊


Tくんたちは カニ探しに夢中。

その結果は・・・?✨


さっきまで 元気だった Aちゃん。


どうしたのかな?

Rちゃんが 相手に合わせて かがんで 


気にかけてくれているのが 分かる。


そのまなざしが なんとも優しい。



こっちでは  泣いているIくんを


Tくんが 心配してくれているのが


後ろ姿からでも 伝わってくる。

みんな 気にかけてくれて 


ありがとう♡



でもIくんの 涙はとまらない。


「お友達が いじわるしたんだよー!」


「お友達が たたいたんだよー!」


「たたかれちゃったんだね。


今は どんな気持ち??」と尋ねると


「いやな きもち。」


Iくんの 気持ちを 聞いていると


次第に 


「おともだちは たたいてないよー!!」


「ケンカしていないよー!!」と。

涙が 止まらなくなってしまった 


Iくんと 少しお散歩することに。


「カーカーって 鳥の鳴き声が 聞こえてくるね。」


「ゴォーって音は 飛行機の音かな??」


「この葉っぱは パリパリしているね~。」


「でも この葉っぱはフニャフニャしている!」


まったく 関係のない 他愛のない話をした。


すると 今度はIくんが


「あの お山であそんだね! たのしかったね😊」


「あそこで おみやげひろったね!」


こまめで遊んだ時の 話をしてくれて


表情も少しずつ 和らいでいった。

気持ちが落ち着いたのか


「みんなと 遊びたくなっちゃった!」と😊


「みんなのところに 戻る?」と尋ねると


「うん!」と言って 


お土産を片手に


みんなのところへ 歩き出した。

泣いていたときの 話はしなかった。


むしろ 全然関係のない、


ほんとに 他愛のない話を 


2人だけでゆっくりした。


しかし Iくんは 先ほどより  


心が 落ち着いているように 見えた☺



泣いていると、どうして泣いているんだろう。


元気がなかったら、どうして元気がないんだろう。


心配だから・・・


相手の心の中を 知りたくなる。

モヤモヤがあるなら その場ですぐに


解決してほしいと 願う。


でも それは私の願いであって、


Iくんが 望むことでは なかったのかもしれない。


だから 何があったの?


どうして泣いちゃったの?


そんな問いかけに


いっぱい、いっぱいに なってしまったんだね。


気付けなくて ごめんね。



わたしたちも そうだが


モヤモヤしたとき


その場で すぐに気持ちをはきだして 


スッキリする 場合もあれば


しばらく 一人でゆっくり 


考えたいときもある。


その場でなくても ふとした時に


はきだし スッキリすることもある。


人によって 


タイミングはそれぞれだ。

だからこそ 大事なのは


主語が「わたし」が、、ではなく


「こども」が、どうしたいか。なんだよね。


子どもたちが 今どうしたいのか 


何を考え、求めているのか


じっくりと 向き合っていきたい。


子どもたちが 笑顔でいられるように。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame