top of page

仲間になる

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。





Tくんが、「下にいる人たち、聞こえるかなあ。」と言うと、


誰からともなくみんなで、


「おーい!ともちゃんせんせーい!!」と大きな声を出す。


山の上で大きな声を出すって、気持ちがいい✨




SMくんが、「Kちゃんもいるかなあ。」と言うと、


Aちゃん「Hくんもいるよ。」


Tくん「Sくんも来てないねえ。」と。



すごい、下で待つ子たちの名前が全員出た。


みんなのことを把握しているんだね。






ずっと先頭を行ったGくん。


少し進んでは、「みんな来たー?」と確認してくれた。





前は「こわいから待っている。」なんて言っていたOくん、


「Oちゃんも行くから待って〜」と泣き言も言わずに必死についていく。


たくましくなったなあ。



Oくんが、「ここどうやっていけばいいの?」と言うと、



SMくんがすぐさま手を伸ばす。


それを何の躊躇もなくとるOくん。



お互い信頼しているんだね。


こういうの、グッときちゃう。



途中でAちゃんが言った。


「はなたん、登れる?大丈夫?」



大丈夫だとも!心配ありがとう。


Aちゃんをはじめ、子どもたちはいつも私たち大人にも対等に(いや、上から目線のことも多々あるが笑)、


接してくれる。


こっちも真っ向に向き合わないと、と思わせてくれる。







今日は、気づくとみんなでまとまることが多かった。



1人でいる子がいたら、誰かが寄り添い、



「何してるの??」と声をかける。




そして、「何してるのー?」「やりたい!」と言う声が増えて、



いつの間にかみんなで一つのことをしている。



こんな光景がどんどん増えてきて、成長を感じた今日。





「何してるのかな」「面白そう」「やってみたい」




そんなことを思う顔って、本当にいい顔しているんだなあ。


誰か1人にでも、興味をもったら、それは「仲間」の第一歩。


「みんなで行こうね」や「1人にならないよ」と、よく子どもたちに言っているけれど、


子どもたちはよく分かっているんだ。


どういうことか言葉で説明するのが難しくても、行動で示してくれている。


大事な仲間って思ってくれている。




今のメンバーで過ごせるのもあとひと月半。


私ももっと、子どもたち一人一人のことを知りたいし、


濃い仲間になりたいなあ。




今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

見守り

Comments


bottom of page