伝えるってむずかしい

こんばんは!

元 こまめっ子母ちゃん、

スタッフのももこです。

今日は朝から


泣けてきちゃう子が多い。



そんな中


母と別れ


泣きたい気持ちをグッと押さえ


落ちていた木の実や葉っぱに

意識を集中させようとする

Rくん。


口を、グッと真一文字にして。



「Rね、泣かないよ。


 ママがいなくても泣かない。」


この言葉には覚悟を感じた。



4月から幼稚園に行き始め

新しい環境で頑張っているRくん。


ついこの間まで

「ママー!」と泣いていたのに。


なんだかグッと成長したね。




こちらも朝、母との別れに


泣けてきちゃったMちゃん。


ずんずんが絵本を読み始めると


そこから少し距離をおき

なぜか葉っぱを顔になすりつけている(笑)


そうしているうちに

涙はなくなり


「行こっか!」


と切り替えていた。


自分なりの

心の落ち着け方!?




くるみの花を拾ったHちゃん。


それを欲しがるMIくんは

ひたすらHちゃんを追いかける。


そして

何も言わずに


Hちゃんから花を取る。




泣きじゃくるHちゃん。


そしてHちゃんの顔をじっと見るMIくん。



MIくんは

Hちゃんの顔を見て

何を感じたかな?


Hちゃんは喜んでる?

それとも悲しんでいる?



「ちょうだい!」


「貸して!」



この言葉を伝えるのは


まだまだ

この子たちにとって

むずかしいのかもしれない。



大人からしたら

「なんで言えないの!?」

と思ってしまうかもしれない。



だけど


心とカラダ、

そして環境が整っていないと


子どもたちにはむずかしい言葉だ。



何も言わずに

奪ってしまう方が

楽な時もあるのかも。



それでも

相手を傷つけ

自分も傷つくことは

して欲しくない。


だから

むずかしくても

しっかりと向き合う。



みんなで一緒に

練習していこう。




Yちゃんは


他のお友達が

こんな風にリュックを背負っている姿を見て

真似してやってみた。


そしたらぐんとスピードが上がった。


すぐに吸収する

この子たちは本当にすごい。



どの子にも


成長する力が

備わっている。



昼前に

少し雨が降ってきた。


なのでカッパにお着替え。


着づらいけれど

自分たちでやろうとする子たち。




みんなで穴をホジホジしたり




前周りの練習したり。



そして突如として走り出す。


意味は…きっと特にない(笑)



でも、楽しいからやる。

ただそれだけ。


それでいいんだ、と思う。





興味があるから

まずは、やってみる。


思ったままに


行動してみる。


まずはそこから。



そこでたくさん

失敗して


心でいっぱい

感じて



ねぇねぇ

一緒にやらない?


なーんて軽い感じで


自分の

気持ちを伝えられるようになったら

いいね!




挑戦して

失敗して

そして泣いちゃっても


伝えることは

あきらめちゃいけないよ!







0件のコメント

最新記事

すべて表示