top of page

分かった上で

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。



「おおおおおおーい!Kーがんばれー!できるよおおおお」



Yくんの熱血な応援が山に響き渡った。


だからか、そんな応援を受けたKくんの歩みは止まることはなかった。




そのほんの少し前、Yくんが逆の立場で、Tくんから励まされていたのだった。


「Y、大丈夫かー?この木を掴みながら降りてくればいいんだよ。」とTくんが教えてくれた。



仲間の応援は偉大だ。




黄色カッパのKUくんが発した「山いきたい!」という言葉で決まった今日の山探検隊たち。



最後尾には、これまであまり山に入ろうとしなかったKくんの姿があった。


Kくんにとっての大きな挑戦だ。




先頭を行くTくんたちは常に後ろを気にしていて、「Kがまだだから待ってよう。」


そんな言葉を何度聞いたか。



滑り落ちそうになって不安そうにしていたKくんを見たDくんが動き出した。


「俺が助けるよー!」



「大丈夫?押そうか?」と確認をしてから、そっとKくんの背中を押すDくんの優しさにジーンときてしまった。



みんながKくんのことを常に気にかけていた。


Kくんが遅れていて、不安がっているのをみんな分かっていたのだ。


どんなに怖くても、「戻らない」と言って最後までやり切ったKの姿にもまたジーンときてしまったのだった。








と、無事に山から帰ってきたら、大人気のトングをめぐっていざこざが起きていた。


Kくんが使っていたトングを、Sくんがとろうとしていたようだ。


「かして」の言葉が出なかったSくんだったが、さっきまではSくんが使っていたトングだったようだ。気持ちも分からなくもない。



私が間に入って話を整理していたら、


「はい、Sこれ使う?」とNちゃんがやってきた。



Nちゃんはどこからこの状況を見ていたのだろう。


もしかしたら、私たちの話を聞いて状況を理解したのかもしれない。


Sくんのただならぬ状況を感じて、察したのかもしれない。


Nちゃんのこの行動の速さと優しさには驚くばかりだ。





そういえば、山探検に行く前に、赤帽のKくんが水色帽のKくんに


「山だけど(山行くけど)、大丈夫?」と声をかけていた。



後で赤帽Kくんに聞いてみたら、「Kはまだ2歳だから、難しいかなあと思って。」だそうだ。


これは、2歳だから、と区別するのではなくて、水色帽Kくんを心配しての言葉だっただのだ。







子どもたちは、一緒に過ごす中で「この子はこんな子」というものを知っていく。


一緒に遊んだり、他の子と関わっている様子を見たりして、その子を知っていく。




そしてそれをそのままに受け止めて、正面から関わっていく。


全部分かった上で、全部を受け入れて、向き合っているのだ。




子どもたちから見習わなければいけないことばかりだよなあ。




今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

見守り

コメント


bottom of page