同じ 向き

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


こう見えて 意外に お手玉が得意です。


大道芸ワールドカップ 目指します。

あなたが 笑うと


あたしも 笑う。

「ここ どうぞ。」


絵本を 読むじかん。


席を あけてくれたAちゃん。


ありがとう。

読んでいると

 

みんなの知っている なじみのものが。


栗!!


確かに。


そして くるみ✨。


今が 落ち盛りの(笑) くるみ。


拾いに 行こう 行こう!

スズメバチの 多い季節。


お山での 約束を確認してからの 出発。


スズメバチ対策は ばっちり(笑)。


もはや 地震が来たときに


机の下にもぐる ポーズと同じ。


さすが 静岡県民。

5人そろって 


どひゃーーー


って


吉本か!(笑)

ねらいを 定めて・・・。

道なき 道を おりる。


こまめたちが 通った道は


けもの道ならぬ


こまめ道 ができる。

「あった!」


いの一番に 見つけた Mちゃん。


え なにその顔(笑)。


割っては見たけれど


黒いあくが べったりしてるのが


いやだったよう。


この あく なかなか手ごわく


ずっと 触ったり 持ったりしていると


手が 黄色くなってくる。

初収獲 おめでとう!

お!Aちゃんも 初収獲???

と思ったら 左手にくるみ


右手に カタツムリ🐌。


チョンチョン つついて 興味津々✨。

足で踏んで 割れ目を作り


手で 実をむく。


子どもたちは


見よう見まねで どんどん自分の力にしていく。


たね(くるみ)を 取り出すのは


すぐに うまくなった。

地上にもどるとき


Sくんが


姉さんたちの背中を


ぐいぐい 押さえつけながら登る姿に 笑ってしまう。

Mちゃんは Aちゃんに


「こうやって 手で ガオガオって登るんだよ。」


と教えていた。


そんなセリフ 今まで聞いたことなかった。


友だちに 対して


自分が得たものを 伝える姿


すごく カッコいい!


そして まだ Sくんの 左手(笑)。


手には しっかりと くるみを持って。

「やめて!!」と


女子に 言われながら


取り残されてしまった Sくん。


ひとりで 不安なのかと 思っていると


振り返って


手を振る 余裕が(笑)。


大物に違いない。

Sくんが登りきるのを見送ると


今度は あたしの番。


助けるから!


と 言われて 差し出された?


投げ出された?のは


Iくんの 足・・・。


手じゃないのか・・・??


なんか 扱いが・・・


いやいや これは 


愛情のひとつに違いない。


そして

ぐいっっ!


仰せのままに つかむと


若干 いやそうな 顔されたあたしって


いったい・・・。


後半へ つづくー(まる子か!)。

いろいろ みんなで興奮していると


Iくんが Aちゃんの指を踏んでいて


「痛いってばー!!」


と 泣いていた。


Iくんは もちろん わざとではないけれど


すごく 怒って泣いている Aちゃんに


びっくりして Iくんも 泣き顔に。


でも 状況はわかったようなので


「踏んで ごめんね。」


と すぐに言っていた。


自分がしてしまったことに 


向き合えたんだから


すばらしいと思う。


Iくんは 今まで


頭では わかっていても


行動として そこに背を向けることが 多かった。


今日は


その場面に こころが向き合い


行動も伴っていた。


だから あたしは うるっと きちゃったんだ。


こころと からだが


同じ 向きになると


すごく ゆるむ気がする。


それが 本当の 姿だから。


Aちゃんは 「やだ!」


とは 言っていたけれど


痛かったのは 確かだと思うので


むりに 「いいよ。」とは


言わなくていい と思っていた。


Aちゃんが 痛くてまだ プンプンした気持ちなのに


「いいよ!」


と 怒りながら言ったとしたら


それもまた


こころと 身体が


同じ向きでは


なくなってしまうから。

きっと 大丈夫。


だって そのあとすぐに


いっしょに 遊んでいたからね。

子どもたちだけで


遊べるって すごくいい!


この 後ろ姿を 見てるのも 好き。

Iくんが つまづいた 石。


それを のけてみると・・・

なんとー!!


アリさんの おうち断面図がーー!!!


本や 画像でしか見たことなかった世界が


リアルに ここにーーー!!


いやー


ここでも 一致。


リアルと バーチャル。


そこから 「理解」に たどりつく。

興奮して フェンシング(笑)。


沼津市は フェンシング推しらしいので


めざせ オリンピック選手!

自分が のぼりながら


つかんできた 土を 見せてくれた。


そこには


どんな 想いがあるんだろう。


しばらく じっと


その手を見ていた Sくん。

雨粒ひとつひとつは


小さい。


でも


それが 集まって


同じ流れに のったとき


大河になる。


エネルギーも うまれる。


こころと


身体の 関係も


きっと そうなんだろうなぁ。


そのふたつが


反発していたら


かちこちになっちゃう。


でも


同じ 向きになったら


勢いは増し


すっと


いろんな方向へ


運ばれてゆくんじゃなかろうか。


まずは


自分の


こころと


身体の


向きを 合わせること。


そこからが


スタートなのかもしれない。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame