学ぶ 日々

こんにちは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す」


元小学校教員の ずんずんです😊。


今日は 朝から ハートのプレゼントがあり


気温が低い中でも あったかくなりました。


その 様子は 最後に♡。

なにが 起きてる?

その前は こんなん。


そして

こうなった。


Rくん 完全なる 「敗北」。


落ちていた ポットをめぐり

(枝に さして 遊び道具としていた)


ふたりで 取り合いに。


ふたりとも 


乗っかったり


たたきあったりと


めずらしく 激し目に たたかう。

「悔しい。」


そのことばが


身体から 表情から 読み取れるくらいの


深い 気持ちだね。


RSくんも


心配そうに 顔をのぞきこむ。


やりきれない気持ち。


思い通りに いかなかった気持ち。


それは どこへさまよう。

大きな きのこを見つけ


にっこにこの Tくん。


それを見て いきなり奪い取ろうとしたRくん。


びっくりして 大号泣のTくん。


しばし 動きが止まる Rくん。

その顔は


なにかを 感じている、


考えているようだった。


きのこが 魅力的で


ほしかったことに共感し


でも 目の前の相手は


すごく泣いていたのを


もう一度 Rくんと話す。


少し 落ち着いたようなRくんは


「Rちゃん できるー!」


と 言って 去ってしまった。


たぶん


「貸して。」「ちょうだい。」とか


ことばを はさむことが


これから できそうだ、


という意味だと とらえた。


そのときの 顔は 明るかった。


失敗したら


何度でも やり直せばいい😊。

Sちゃんも まったく同じだった。


友だちの 枝を いきなり取ろうとして


泣かせてしまったが


「それちょうだい。」と


ことばを 加えることができていた。


「いいよ。」を 聞く前に


いなくなっていたが。。。


本当に ほしかったんかーーい!!(笑)

ぐいぐい 友だちに関わっていく子もいれば


まだ そこまで いかない段階の子もいる。


RSくんは


あたしのあとを 引っ付いて回る。


そんなときに


Mくんが 言った。


「どうぞ。」


そっと 差し出された 葉っぱのお皿に乗った


かわいい お花。

RSくんの 手が


そうっと


それを 受け取る。


「ありがとう。」


しずかで すてきな コミュニケーション✨。

Mくんは よく見ている。


柿の 幼い木。


「これは あのおっきな柿の木の


子どもなんだよ。」


と 伝えると


「少し 大きくなったね。」と


愛おしそうに なでた。

Sちゃんは 数珠玉を とるのに夢中。

そういえば


ハゼの実を ひとつずつ

(葉を触ると 皮膚が弱い人はかぶれます💦)


集中して 取り出してもいたなぁ。


こういう 集中する時間や


指先を 使うことが


学びの ひとつとなっている。

六者 六様


それぞれの 「学び」が


その日に 必ず あるわけで。


そこに 気づき


ひろいあげて


子どもたちの 「学び」を


サポートしてあげたいと 日々思う。

寒くなってきた朝


暗い 谷間で ひとり


火を起こしていると


静かに あがってくる 朝日。


まぶしい この光景を見るたび


朝は


たからものを くれるなぁと 思う。


その 清々しい 想いをもって


子どもたちにも 届けたい。

今朝は さらに 特別。


イチョウが落ちて


きれいだなぁと思っていたら


なんか 見える。

おっきな ハート!!??


朝から ほっこり。


あたしのために(?)


どなたか わからないけど


ありがとーヾ(*´∀`*)ノ♡。


こんな しあわせが 転がってる日々は


悪くない。


いや


サイコーだ!


0件のコメント

最新記事

すべて表示