手放すということ

こんにちは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


毎日 お腹が空いています。


第2次成長期の 始まりです。

絵本を見ているときの


子どもたちの まなざしが


好き。

みどりの中に たたずむは


うさぎさん?


いやいや 泣いとるがな。


Mくんが 自分でとった行動。


それは

遠くに見える なかまのところへ


一秒でも 速く


追いつきたかったから~(チコちゃん風)。

お山は 真っ白。


霧ぶいてきて


見えなくなってきた。

見えなくなってきたのを いいことに?(笑)

いじめられる あたしたち。


しかも あたりが きつい。


日ごろの なんとかなんでしょうか。


振り返ってみます(笑)。

たくさん遊んだあとに のぼる階段。


「むじゅかしい~。」


と泣いていた Hちゃん。


でも


手をついて


ガオガオと ライオンのように


一歩ずつ 進めてきた。

Mくんも 泣いている。


でも 


先にのぼり終わった Mくんは

待っていた。


先に行かずに


Eちゃん、Sちゃんと共に


Hちゃんに むかって


「もうちょっとだよ~!!」


と 声をかけながら。


泣けちゃうじゃん( ;∀;)


ねぇ・・・


と Hちゃんに声をかけようとしたら


この3人を追い抜いて


さっさと行ってしまった(笑)。


マンガみたいで 笑っちゃうよ。

わたしたちが 子どもの手を放すとき


それは


その子たちが 「できる」


と 思うときだ。


「できるかな?」


「いや きっとできる。」


と 思ったときに


手を放す。


「できない」と泣きじゃくる 


Hちゃんの手を


手放したのは


足が 


Hちゃんが


階段をのぼろうとする意志を


見たからだ。


感じたからだ。


なかまの応援もあって (行っちゃったけどさw)


のぼりきれたことは


きっと 肌で感じているはず😊。

なかまの ちからを信じ

なかまを助け

支え合う わたしたちで


ありたい。


おとなも 子どもも。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいじ