未来実現図

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


今日セミが鳴いているのを聞きました!


夏が来る!?

い、いやらしい・・・。


ご飯を食べさせてもらい 顔がデレデレで


口が開きっぱなしの Mくん。


幼くても オスの部分が


すでに備わってるのを


まざまざ 見せていただいたわ(笑)。

でも やるときは やる男なのです!


今朝も 「絶望ポーズ」で始まったHくん。


決まって 靴を放り投げる。


それを 履かせてあげるという 優しさ♡

何かを「してあげたい。」という気持ちは続く。


シートを入れられなくて 困っていたIくん。


Iくんは 「ねぇ、やって。」と声をかけた。


すると Mくんがすかさず反応する。


「M、できるよ!」


ここで 友だちに助けを借りる声かけができたIくんも


仲間を頼っていて いいなぁと思った。


頼るのは 悪いことじゃない。


だって ずるしたり 楽しようとしたりして


頼んでるんじゃないから。

今日は コゲラが木をつつく音が


山の中に 響き渡った。


それを見つめる 「六の瞳」。

いろんな住人のいる お山に


「おじゃまします。」


てか 今まで おじゃましてましたっ💦。

コゲラのいる側には


高い段差で ながーい階段がある。


そちらへ行くか


沢に沿って 歩いていこうか迷っていた。


Tくん以外は 階段コースへ行きたいと。


でも 大人数という流れで みんな階段を上りだす。


行きたくないTくんは 泣き出す。


まだ決めかねて残っていた Hくんもいた。


見ていると 泣いている声を聞いて


そっと Tくんの隣へ来た。


階段を上っている みんなの動向も見ている。

そして・・・

優しく 抱きしめるー!!( ;∀;)


思わず じわっとくる。


これは 金曜日に Hくんが Aくんからしてもらったこと。


(回想シーン↓)

こんなにも やさしさって


めぐりめぐってるんだね。


一方通行じゃないんだね。


他の子たちも せっかく上った階段を


また必死に下りてきて


Tくんのまわりに 集う。


真剣な 表情。


どうしたらいいのかな??

Rちゃんが Tくんの想いをもう一回聞くと


「お水飲みたーい。」


一同 ガクッ笑。


気を引き締めて もう一回聞くと


「上行くー。」


あっちの道 行きたいんじゃなかったんかーい(笑)。


「だって T 上に行きたくなっちゃったぁ。」だって。


女ごころと 子どもごころは


ふらふらり ってか?(笑)

まるで だるまさんが ころころ動いてるよう。


これをしょって歩くって 冷静に考えたら


すごい2,3歳児だぜ!

途中 途中で 最後の子が いっしょになるまで


待っててくれるんだよね。


ありがとう😊。

やっとこさ着いて 見えた景色は どんなだっただろう。

真っ先に ジャングルロープへ。

来るたびに 高く上がれるようになってるね。


すごい進化だ!

一人一人の 到達速度は


違くて 当たり前。

「風がやってくれたのぅ。」


どういうことかな?と 思ったが


さっきまで 風に翻弄されながら シートをたたむのに


必死だったMくん。


ちょうど 風とのタイミングが合わさって


パタパタっと たためてしまったらしい(笑)。


ほら 思った通りに かなえられてく♬。


「できると思ったらできるよ。」


あたしが 子どもたちに


呪文のように かけることば。


ことばは 言霊。


自分にも言い聞かせていることと同じ。


ことばや 思考は


現実をつくる。


つくっちゃおうよ、


未来実現図✨。



ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame