top of page

目指すのは

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。



もうとにかく楽しい!!


そんな表情で遊ぶHくんを見ていると、「何事も楽しんだもん勝ちだな」と気づかせてくれる。



お兄さんたちが長い棒を持ってほうきのようにして遊んでいると、



Hくんも長い棒を持ってきてニッコニコ。


たくさん見てまねして、吸収しているね!




今日は朝から畑の外へお出かけ♪


この可愛い背中たちを追いかけていくと・・・




「カニがいたー!!」と大きな声が聞こえてきた。





かにかにポーズ?!?逆に難しい!!




別の場所でも、側溝を覗いてカニ探し。





こーんなにたくさんいたんです。



いつもと違う景色は新鮮でワクワクだ。




移動した先で朝の会をする頃には、誰ももう泣いていない。


それどころか、こんなに真剣な表情で話を聞いてくれるんだから、とっても嬉しい。



今日は全員から元気なお返事が聞けて胸いっぱい✨





手を繋ぐ代わりにお花を差し出したWちゃん。


それを指先でそーっと優しく繋いだYくん。



こんな穏やかな場面を見られてほっこり♡の連続。




みんなの視野も広がっていくと、


こんな崖だって、登れちゃう。



なかなかの高さをみんな登る。


怖くないのかな?


怖いのはスタッフだけ??笑





ずんずんが、危険箇所から落ちないように足を広げて立っていると、


Wちゃんが足のゲートをくぐってきた。




確かに、今から改めて見たら滑り台みたいだ。


大人の想像の斜め上をゆく子どもたちは本当に面白いなあ。




本当に滑り台のようにズルズルと滑っていった(落ちていった??)Wちゃん。


「怖い」よりも興味が勝つってこういうことなんだ。


この興味を満たせるように、全身全霊で安全を守れるように鍛えていかねば。




Wちゃんがすべったかと思えば、もう少し先の滑り台から登ってくるSくん。



でも、


あと一歩のところで滑ってしまう。


「手繋いで」と言うが、自分で登ろうと頑張っているので、助けてあげたい気持ちをこらえて応援する。




「手掴めるところあるかな」と伝えただけで、Sくんは目線を落として手元をよく見るようになった。


そんなSくんの姿を見たら、

とにかく「諦めない」「上に行きたい!」「登りたい!」という強い気持ちを感じた。




そして、自分で登り切った!


小さな経験だけれど、こういうことの積み重ねが強くさせるんだ。






かっこいい先輩の姿見ながら、


先輩は後輩に背中を見せながら、


上を目指して進んでいくこまめの子たち。



誰だって、上があれば登りたいし見上げたい!


下にいたら登るしかない!



前向きな子どもたちにたくさんのパワーをもらっている毎日です。


今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page