top of page

笑顔溢れる1日に

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。



見るだけで元気がもらえる笑顔たちをどーん!



どどーん!



どどどーん!


あれ?!これは・・・絶望の顔?!?



沢で遊んでいると、


Aちゃんコンビが、草が生い茂る探検コースに出かけていった。



それをすぐにまねして追いかけたIちゃんだったけれど、Aちゃんコンビはズンズン進むし、周りの草は自分よりも高いし、とうとう進めなくなったのだった。

うん・・・これは怖いよなあ。


そこで、上の絶望の表情だったのだ。



でもIちゃんのすごいところは、そこですぐに大人に助けを求めることなく


解決策を探していたところ。


くるりと180度向きを変えて、自分で歩ける道をもう一度探して動き出したのだった。


あっぱれ!





今日は久しぶりにお兄さんお姉さん勢揃いの日。


5歳、4歳近くにもなれば、朝から世間話で盛り上がるくらいの余裕っぷり。

そんな雰囲気がみんなを安心させるのか、


この4人が引っ張ってくれるのもあり、今日はみんなとっても元気!!



朝のあいさつの歌は全力で歌い、


坂道を全力で走る走る!



上りだって、下りだって、とにかく走る。


朝から常に全員がいい顔しているのだ。


時にはごちそう欲しさに真剣になり(イヌビワとってます。)


こちらも真剣な表情で遊んでいる。

私のドリンクボトルを沢の水で冷やそうと試行錯誤中。


流れないように石で挟んだり、


浅瀬よりも深場を選んだり。


ボトルが浮いてしまうことに気づいて、上から石で押さえたり。


誰も教えていなくても、理科の実験になっているのだ。


自然遊びはやっぱりすごい。





活動中、散歩をしている方に話しかけられることがよくある。


今日は、ノルディックウォークをしているお姉様方が立ち止まって


「げんきだねえ〜」「かわいいねえ〜」と声をかけてくださった。


白帽子のAちゃんは、ちょうど水筒をしまっていてうまく入らずに何度もやり直していたところだった。


そんな時、お姉様方は「がんばれ。手伝ってはいけないのよね。」などとおっしゃっていた。



こまめの理解者はこんなところにもいるのだ✨


さらには、「この子たちはできるのよ」とも聞こえてきた。


とっても嬉しい一言だ。


そんな声援を受けたからか、Aちゃんは張り切ってザックを背負うところまでを披露していた。張り切りすぎて、尻餅をつくくらいに。


そんな姿は初めてだった。


他にも、友だちの名前を呼んだり


先に行く仲間を大きな声を出して呼び止めたりと、


新しい一面が次々と。




実はAちゃん、明日で卒こまめ。


最後の追い上げが急すぎるだなあ。笑


でも、これもAちゃんのペースなのだ。

100人いたら100通りのこまめ人生。


みんなの笑顔が溢れた今日。




明日はどんな日になるだろうか。


どんなAちゃんも、どんなみんなも受け止めるからね!




今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぐんぐん

Comments


bottom of page