素顔のままで

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


久々に 「JK」ということばを聞いたとき


「J」って JAPANだっけ? ジュニアだっけ?


と 真剣に考えてしまいました。


「女子」ですね。


日本語か!!(笑)

あれ?


自分から 両手を広げ


Rくんのもとへ ハグしに行ったKちゃん。


Rくんも まんざらでもなさそうな顔で 受け入れるが


Kちゃん・・・?


女ごころと


秋の空・・・ってか(笑)。

今日は ジャングルロープの広場で✨。


この広場には この遊具ひとつがあるだけ。


なので ここに集中するかと思うと


そうではない。


早々に おりてきて


いろいろな発見や あそびを繰り広げる子どもたち。

「見てーーー!!きれいーーーー!!」


早々に発見したのは


子どもじゃなく あたしだった(;^ω^)。


だって きれいじゃんねー


見せたいじゃんねー。

突きたい お年頃が 群がる(;´∀`)。

けっこう ぐいぐい 行きますね💦


結果 はらりと堕ちた 蝶々。

Kちゃんが 大胆なつかみ方で


「はい どうぞ。」

Rくんは 葉っぱで 屋根を作ってあげてるんだって。


ちょっと 気の毒になったのかしら(;^ω^)。

「触りたいー!!」


あと少しで 手が届きそう でも 届かない。


そんな葛藤をしていたら

「こうやるんだよー!」


と背伸びしたり ジャンプしたり

「長い棒がいいんだよー!」


と アドバイス。


「問題にぶつかったときに どう対処するか」


自分で考えたり


友だちの考えを よく聴いたり 見たりすることって


すごく 重要だね。

「みんなで行くよー!!」


決して 友だちを置いていかない


声をかけて 連れてくる Hちゃん。

「おいでーーーー!!」


絶対に 待っててくれるなかまがいると思うと


そのなかまに 背を向けては 行けないね。


なかまたちの 気持ちを感じて


戻ってきた Hくん。


よかった みんないっしょで✨。

少し暗い 林の中も


行ってみようか!

暗いけど みんな 大丈夫みたい。

気づくと


ほら♡

今日も見つけた ヨウシュヤマゴボウ。

(毒はありますが 食べていないので大丈夫です)

みんなで 描き描き描き。

ツユクサもあって 紫と青色の すてきな絵ができそう!

枝をペンに見立てて!


すごい!

マーブリングみたいだね✨。

「えー ここで一句」


詠いそうだわ(笑)。

草のしげった 階段をのぼるとき


後ろを振り返って 見ているRくん。


友だちが ちゃんとのぼれたか


気にしてくれていた。


その間 ずっとそこを離れず 目もそらさず。


そういう 気持ちって


やっぱり いっしょにいるメンバーが


「なかま」という ひとつの 大事な集団


ということが 理解できてるからなんだなぁと思った。

「個」で がんばることも 大事。

「なかま」で 助け合うのも 大事。


人との 関係は


「大事」な ものばかり✨。

でも 油断すると なかまうちから


撃たれるから(しかも 真正面)


気をつけて(笑)。

8人中の ほとんどが2歳児の 今日


子どもたちは お互いに助け合いながら

なかよく遊んだり 

けんかしたり

しれっと 早弁したりしながら(笑)


一日を過ごした。

はじめは


ひとりで もうできあがっている団体に


入ってくる勇気は(親子共にだけど)


とっても 緊張すると思う。


でも いつのまにか


この「なかまたち」と


愛鷹の 環境に慣れ


自分の素顔を 出していける。


Wくんは 顔が真っ黒になるまで


土いじりに 没頭し

Hちゃんは 


「帰んないの!!」と


最後は キレていた(笑)。


ここを気に入ってくれた 方たちみんなに


感謝します✨。


もっとよりよい場にしていけるよう


さらに パワーアップしちゃうぞっっ♡。


0件のコメント
ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame