考えて 遊ぶ

こんばんは!


元 こまめっ子母ちゃん、


スタッフのももこです。


今日は丸太がベッドになりました。



こちらはリビングのソファに。


こちらはストレッチポールでしょうか。



スポーツ万能はなちゃんは


体幹鍛えています。


一直線、美しい!!




丸太遊びは日々変化する。


こどもたちの発想は終わりを知らない。


枠がなくて、いつも自由で


見ていてワクワクする。


丸太遊びをしようと皆が運び出すと


こまめに入ってまだ数回のKくんも


よいしょ、と持ち上げた。


「おもしろいことがありそうだ!」


と感じたのかな。


とってもワクワクした顔で。


楽しそうだと、真似したくなっちゃうよね。


高く高くジャンプをする。


それを見ていたみんなは

負けじとジャンプ!


僕は回転しながら!


僕は手を広げて!


と、それぞれの方法で。


真似から始まり、刺激し、刺激され。


こちらでは


カエルジャーンプ!


突然飛び跳ねたTくん。


それを見ていて、真似したくなったAちゃん。


2人でぴょんぴょん飛び跳ねる。


手を広げてみたら、高く飛べたよ!


と、嬉しそう。



こっちでは


ボトルに石を入れていたK子ちゃん。


それを見ていたKくんも真似したくなり


石を差し出すと


K子ちゃんは入れやすいように斜めにしてくれた。



そしてどんどん群がるこどもたち。


「石をボトルに入れる」


という遊びが


とてつもなく楽しい遊びに。



ボトルの穴がまた絶妙な大きさで


ちょっと大きいと入らなかったりする。



どのサイズの石が入るのか


こどもたちの探求は続く。



ただ入れているようで


そうじゃない。


こどもたちは、考えている。



冒頭の丸太のベッドやソファも


どの丸太をどのように置けば快適なのか


こどもたちは考えていた。



自分にとってベストな組み合わせを選び


そして最適なくつろげる空間を


手に入れていた(笑)



ただやっているだけじゃない。


考えながら


遊んでいる。



遊びながら


考えている。



橋を作るこどもたち。


道具を駆使して


ちょっと危険で


ワクワクするものを作り出す。



あーでもないこーでもないと言いながら


こどもたちの探求は続く。



こどもたちのこんな姿を見られる幸せを


日々実感。



あー、幸せ!


※【こまめ説明会やりまーす!】→定員に達しました。ありがとうございました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

探索

学び方