自らの 力で

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


寒くなってきました。


床暖房の家か 足湯が流れる家が ほしいです。

くもの巣 ガーランド。


ぺたっと ひっつく 落ち葉に


ゲラゲラ大笑い。


そんな姿が


あたしまでをも 


ハッピーにしてしまう 子どもの笑顔✨。

久しぶりの 参加の子

初めて参加する子


みんな いろいろな想いを抱えて


いっぱい いっぱい 泣いている。


想いの丈を 叫んでる。

Tくんは 母をたずねて 


来た道を 必死に戻ろうとする。


よっしーが 抱えて戻ってくる姿を見て


心配そうな顔をしながら


Iちゃんが言う。

「どうしたのー?」

泣きじゃくる Sちゃんを見て


Rくんが 頭をさする。


久しぶりさんも


初めてさんも


ここへ来たら


もう なかま。


放っておけないんだよ😊。

お弁当バッグ持って


出発しようよ!😊

(みんなは小屋へ置いてきているが Rちゃんは


かたくなに 離さなかったw)。

お山には


もう 冬の味覚が 準備されていた。


「冬イチゴ あったよーーー!!(byずん)w」


初めて食べるという Sくん。


お味は??

「おいしい!」だそう!

みんな食には 貪欲でございます。


ザックもおろさず


わさわさ 分け入ってくる(笑)。

泣く子も黙る 冬イチゴ(リズムがいいなw)。

Rちゃんは 貪欲に


むさぼりる。


みんなが 次の場所へ移動しようとしても


ひとり 残り


茂みの中で


喰らい続けていた(笑)。

泣き続けていたSちゃん。


Sちゃんに そっと手を差し伸べる Hちゃん。


Hちゃんだって


さっきのさっきまで 号泣していたのに。


でも 目はきちんと まわりを見ていて


泣いている友だちに


近づきたかったんだろうなぁ。


自分が 「してあげられること」を


考えたら


冬イチゴを 渡すこと


に つながったのかもしれない。


冬だけどさ


あったかいね。

「なんかいるーーー!!!」


Sくんが 声をあげる。


よく見ると ちっちゃい お手てが。

「死」というものを


わたしたちは 


生れてから


小さな 生物から


少しずつ 教わってきたのかもしれない。


自然界では 誰かが 弔うなんてことはしない。


食うか食われるか


の世界もある。


そんな中で 見る光景。


子どもたちには どんなふうに映るのだろう。

かもしか小屋は 


うなぎの寝床のように


一本道が続く。


崖があり 水が流れているところもある。


草が茂って わかりづらい箇所もある。


そんな リスクのある場所を


子どもたちに 伝えている。


「道の 真ん中を歩こうよ。」と。


でも どういうことかわからないNちゃん。


そのNちゃんに 「こっちだよ。」と


Rくんが 手を伸ばす。


みんなで 進むから


みんなが 安全であることが 大事なんだ。


そんな 気持ちを添えて。

Sちゃんは 途中で歩みを止めた。


自ら 止めた。


自ら 止めたのなら


動き出すときも


自ら なのだ。


ザック重いよね。


初めてだもんね。


わかるよ。十分わかるよ。


でもね


本当に 進めない??


なにも できない??


いや きっと Sちゃんなら できる。


感じさせるものが


あたしを ゆっくり進ませる。


Sちゃんが どんどん離れていく。


Sちゃんは あたしを 見てる。


Sちゃんなら どうする??

歩み始めた。


日差しが Sちゃんを照らしている。


やっぱり できたね。


「やっぱり」ということばが 出てくる。


Sちゃんなら できそう!


と 思ったから😊。

みんな なにやってるの??


たくさんの 数珠だまがあったみたいだよ!

ジャンバーとおんなじ色だね!

熟した柿が 落ちてたみたい。


Tくんが 見てみて!と うれしそう😊。

たくさんのお花をのせた 葉っぱ。


きれいだね✨。

あたしは Rくんから プレゼントされちゃった!


しかも 「かわいいね✨」だって♡。

みんな アクロバティックに


岩の間を 行ったり来たり。

冬でも 寒さに負けてないですな!!


さすがです!

Iくんの 指さす先には??

これかしらん??

たくさん動いたあとの お弁当タイムは無言(笑)。

気持ち 伝わるよ!

そ、そんな隅っこで


がっつかなくても!(笑)


ごはんを まきちらし


棚を 自分のものとして(笑)。

自ら 〇〇しようとする力。


本来あるはずなのに


眠ってしまっている力。


それを ぐいぐい刺激して


ぼこぼこ 沸かせてあげたい!


そんな気持ちで


真冬も


全力こまめ列車


出発進行~ヾ(*´∀`*)ノ


0件のコメント
ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame