検索

自分のペース

こんばんは。「子どもたちの自信に繋がる一歩を全力でサポートします!」あおちゃんです✨

「誰にも言えず苦しんだ~」と歌を唄っていたYくん。心配になりましたが、実はその歌には「自分にしか歩めない人生を歩んでいこう」という前向きなメッセージが込められていることを知りだいぶ安心しました。ちなみにみんなのうたで流れているそうです☺

そんなYくん本日も絶好調!川でも寝れます(笑)


今日は史上最多こまめ11人(るっちゃんと元保育士さんのみっちゃんにも来てもらい大人4人)でお送りしまーーす!人数が多いほどその分、素敵な物語も生まれるんです♡

そのためいつもよりちょっぴり長くなりますが最後までぜひ読んでくれたら嬉しいです☺


こんなに暑い日はやっぱり沢遊びーーということで本日も通ります、こまめ階段。

階段に苦手意識を持ってしまっているWちゃん。みんなが颯爽と階段を下りていくなか、一人立ち止まり、「手を繋ぎたい」と泣いて助けを求める。

それを聞いたMくんが何も言わずにWちゃんの所へ行き手を伸ばす。「助けて」と声に出したとき手を差し伸べてくれる「仲間」がいるって素敵だよね。


まさに十人十色。これだけの人数がいれば川で遊ぶにしてもいろんな遊び方

がありますよ!川で何して遊んだらいいのー?とお困りの方ぜひ参考に!(笑)


「カンカンカーン🚃」Aくん踏切とHくん電車。二人ともとっても楽しそう。


靴の中に水を入れては流してを繰り返し夢中になって遊ぶMくん。


Yくん&Rちゃん家からいただいたスイカを入念に磨くHくん(笑)


岩と岩の間に長い木を置いて「橋を作ったの!」とIくん。


黙々と建設中のIくんの橋にTくんも興味津々!!


そんなTくんもリュックから袋を持ってきてその中にたっぷりのお水!


それを見て楽しそう!と思った子どもたちが、続々自分のリュックから袋を持ってくる。


「シャワーが作りたい」と葉っぱを使って穴を開けようとするが、もちろん葉っぱでは穴は開かない。そこで考えて今度は木の棒を刺してみる、みっちゃんにも手伝ってもらって、見事シャワーが完成✨

自分で考えてやってみてできたからこそ、Rちゃんのこの笑顔が見れたのだろう、すごく嬉しそう!


「ザリガニを釣るんだー!」とY君は、長い木に破れたビニール袋をしばりお手製の釣り竿まで作ってしまった!!この発想力あっぱれです!


いつも川で遊んでいるみんなを遠くから眺めていたWちゃん。ずんずんの手を離れ、一歩ずつ進み始める。今までなら執拗に泣いていただろう、Wちゃん確実に進化してるね。


そしてHくんと仲良く「きらきら星」を大熱唱♪

一歩を踏み出した先には仲間とそして楽しいことが待っていたね。


なかなか川に入らないRNちゃんに「お水行こう」と誘うMAくん。


行って、、


戻ってくる。。

きっと一人葛藤しているんだよね、考えてるんだよね、迷っているんだよね。

もちろん川に入らない選択肢だってありだから。


その時みっちゃんがお水たっぷりの袋を見せると、興味津々で触ろうとするRNちゃん。


それがRNちゃんの心の中にあった「川に入りたい。」という気持ちに背中を押してくれたきっかけになったのだろう。


すっと川にはいってきたRNちゃん。もし一人葛藤してるとき、無理やり川に連れて行こうとしたらこの景色は見れなかっただろう。誰しも自分のペース、タイミングがある。

相手にとってのその大事な瞬間を大切にしたい。




待ちに待ったスイカわりーー🍉!!

木の棒を変えてみたり手で押してみたり「どうやったらスイカが割れるのか」試行錯誤を繰り返す。


そこで剣道歴10年の師範(笑)が見本を見せる!気合を入れて「ていやー!!」

おっ!ヒビが入ったー!!!!

その勇ましい姿を見て(笑)さっそくAくんも同じやり方「ていやー!!!」


そんな男らしさにKくん思わず「すごーい!!」と拍手☺


スイカVSこまめたちの戦いは熱戦のすえ見事にこまめたちの勝利🎉

みんな思いっきりかぶりつく!!



「んっ!?なんだこの味は、、!?」あまりの美味しさに驚きを隠せないAくん(笑)


汁まで飲みます!無駄にはしません(笑)ごちそうさまでした!!



毎日ここでは様々な物語が生まれる。もちろん台本なんてない。

だからこそなかなか思うようにいかない日があったり、泣いたり、笑ったり、仲間とぶつかったり、仲間と助け合ったり、時にはみんなから一歩離れてみたり、、

様々な感情が生まれるのだろう。

でもこれも一人では生まれない感情、対「人」がいて初めて生まれるもの。

たくさんの仲間たちともに少しずつ一緒に成長していこう。

焦らず自分のペースでね。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame