自分らしく

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を育てる 


元小学校教員の ずんずんです😊。


最近 食べずぎで 胃もたれがすごいです。


そろそろ 腹八分目にしようかと思います。

春。


お花たちが 元気に顔を出し始める。

あったかくなると


なんだか 身体も いー-っぱい


動くよね😊。

こちらでは テレビを見ている模様。


そんな 楽しみ方もあるよね(笑)。

天気がいいし 暑いし


さて 水辺に行くとしますか!


とザックを背負う時に ピーキャーの叫び声。


Rくんが パッチンできないー 重いー💦と。


Oちゃんが 「できるぅ?」と


声をかけていた。


友を 心配する まなざしの


なんとも あったかいことか。

沢に着くなり


「ちゅうちゅうだよ~。」と


ストローのように 枝を吸い込む?(笑) Oちゃん。


のどが 乾いてたかもね


暑いからね。

あら すてきな 帽子だこと。


つばの大きいのは 必要だよね


暑いからね。

土手をあがり どこへ行く。

目指したのは


たんぽぽ。


こまめは 乙女男子が 多いのです。


ロマンチストと言ったら


いいのかしらん♡。

Sくんを 真似て 土手を登ろうとする Rくん。


それを そっと 見守るSくん。


異年齢の遊びの よいとこですな😊。

「ねぇ Dくん どろだんご いっしょに つくろう。」


3歳Sくんから 2歳Dくんへの アプローチ。


年上からの 声掛けは うれしいよね✨。


ざらっとした 泥の感触 温度。


身体で覚えた 感覚は


脳に こころに 行き届く。

「貨物船だよ~。」


竹を割ったものを 船に見立てて


川面を すべらせる。


興味をもって 見つめる 2歳児の 真剣さ😊。

今日は 


沢で遊びたい子たちと


お山で遊びたい子たちが


はっきりと 分かれたので


二手に分かれて 行動することに。


少人数になる分


そして 自分たちが より深く遊びたい分野を


思いっきり 堪能できる利点から


すごく 充実した顔をしていたように感じた。

子どもたちが


自分で選んだことを


満足できるまで 遊び倒す環境を


工夫しなければなぁと 考えた。


自分らしい 遊び方が できたら最高😊。


0件のコメント

最新記事

すべて表示