top of page

自然に任せる

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。





「みんなだけでできるよ!」


14人もいたのに、子どもたちだけで自然に始まった「まあるくなあれ」の歌。



お気づきの方もいるでしょうか、見慣れない人が混ざっていることに。笑


12月はたくさんの助っ人スタッフさんたちにお世話になります♡


その人ならではの子どもたちとの関わりを見れることは、私も勉強になるし、子どもたちにとってもいい刺激。








えーっと・・・


季節は冬で合っている・・・よねえ??





新人さんたちも、続々と入水の儀式を終えたようで、おめでとうございます。笑


「やりたい!」が目の前にあれば、やならい理由なんてないのだ。


水の冷たさや入った後の寒さなんて、やってみないと分からないものね。



でも、みんな全然寒そうじゃないのが、すごすぎる。


また一つ、新たな場所を開拓したこまめっ子たちだった✨




入水している子もいれば、焚き火の番人と化した子もいるのが冬のこまめ。


本当に同じ季節なのか?!



今シーズン初で、1年ぶりのかもしか小屋の活動日だったKくんの手つきは、


全くブランクを感じさせないものだった。


五感で感じて経験したことは、身体に染み付いているんだね。


大人顔負けの仕草です。






今日は暖かさも相まって、子どもたちの足はどんどん動いていた。



走り出したSくんの足は止まらない!


Sくんは誰かに追いかけてもらうことを期待して走り出したが、それを心配していたのがIちゃんとMちゃん。


見ていたら、


Sくんに追いついたIちゃんがSくんに何か話しかけて、3人で戻ってきたのだった。


2歳児だけでこんなことができちゃうってすごいなあ。



しかも、まだこまめ2回目のMちゃんが「行っちゃった。」と気にかけてくれたのだった。



みんな、こんな力が備わっている。


それを出す機会さえあれば、子どもたちはなんだってできる!!




「できる」といえば、ここ数日ドラマを生んでいるこの崖。


昨年と変わらず焚き火に没頭していたKくんだったが、


今年違ったのは崖にチャレンジしていたこと!


1年の成長は大きいなぁ。






Tくんは、昨日と同じところまで登って


引き返そうか考えていた。


「うわ、怖いなぁ。」そんな言葉も口に出している。



でも、Dくんが前に行く姿を見たら、引き返すことは選択肢からなくなったようだ。



「D、どうやって行ったの?」


最年長のプライドもあるであろう中で、年下のDくんに、素直に聞けるのはすごいこと。



TくんはDくんと同じ道を辿り、ゆっくりゴールまで登って行ったのだった。



さっきまではできなかったのに、なぜ行けたのか尋ねたら、


ずんずんも同じことを聞いていたそうな。



それだけ、Tくんの気持ちの変化は大きかったように見えたから。


「Dのを見ていたらできた」とのことだ。



一度できたら大きな自信になったのか、その後7回も登ってその度に最高の顔をしていたTくんだった。





崖登りの連鎖は止まらず、


Tくんたちが終わったころ、Aちゃんが動き出した。


「Aも登るよ。」と。



仲間の影響は、思っている数倍大きいものだ。






「今日はあたたかいからみんな沢に入りましょう」


「今日は寒いから水遊びはやめておきましょう」


そんなふうに一律に決めて行動するのは、見守る大人からしたらやりやすいことかもしれない。


でも、それは子どもたちのためになっているか


それを考えなければいけないなと思う。



この子たちは


天気や空気感を察して、


自分の気持ちと相談して、


自分のタイミングでその時にやりたいことができる。




それがまさに、「自然」に任せる


ということなのだろう。



子どもに限らず、自然に任せて自分に正直になれれば、みんな幸せ♡








今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分の番

bottom of page