誰かの近くに

こんにちは!

元 こまめっ子母ちゃん、

スタッフのももこです。




あらら、


2人とも浮かない顔して…



朝の “まぁるくなる” ご挨拶の一場面。


RちゃんはHくんと手を繋ぎたい。


でもHくんは手を繋ぎたくない。



それでお互いこんな顔なわけです。

こどもたち、わかりやすいです。

で、結果



手は繋がずに


ピッタンコ!

これで まる になれたね!

Rちゃんはスッキリ!

Hくんは渋々なお顔だけど(笑)

うん、やっぱりわかりやすい。




草刈りのおじちゃんが

大きなバッタを捕まえてくれた。

そしてその後すぐに

小さなバッタを見つけたHIくん。

「お母さんに会えたねぇ」

なんて優しいお言葉。


そのHIくん



カーブを描いた葉っぱを見つけ


「ブランコみたーい!ぶーらんぶーらん♪」


なんて遊び出す。


想像力豊かだなぁ!


さぁ、涼を求めて沢へ。

沢へ行く階段は、とても急で長い。

こどもたちは工夫して

自分が降りやすい降り方で

進んでいく。

Aちゃんが段差があるところを

座って降りる。


そしたらSちゃん、Aくんも真似して



お手本となる子がいると


成長に繋がるね!


この前の大雨で


新しい川ができたところに


誰かが作った橋が。

丸太を渡る子、水の中をバチャバチャ行く子。


それぞれの渡り方。


3回目の参加のNちゃん。

最初は服が濡れることに抵抗があったけど

「濡れて大丈夫だよー!」と伝えると

迷いなく、ざぶざぶと。

水の冷たさにニッコニコ!


みんな良い顔しますなぁ!


冷たくなった手を口に

それを見たEちゃん



同じようにやりたくなっちゃった!



拾った石を吟味していたHくん


そこに集うEちゃん、Rちゃん。

「うーん、良い石だねぇ。ここの辺りが…」

なんて会話が聞こえてきそう。


(実際は無言でしたが笑)



誰かが近くにいると


学ぶことがたくさん。


興味もたくさん。

新しい知識を

たくさん吸収できるね。




帰り間際に

母が恋しくて泣いていたNちゃん。

そこにそっとAくんが。


Aくんも今日


ずっと母が悲しくて泣いていた。

「Aくん、Nちゃんの気持ちわかるの?」

と聞いたら


「わかるよぉ!」


だって。

わかるから、寄り添ってくれたんだね。


近くに誰かがいるだけで


安心することってある。


それをAくんはわかっている。




そして元気になったNちゃん。

「ママにお土産!」


と、青い実を大事にポケットにしまう。

母という存在は


こどもたちにとって


大きな勇気となる。

さぁ、みんなで


大切な人が待つ場所へ。


いっぱいの荷物と経験、


そして大切な人への想いと共に

今日の活動も

無事終了!!





0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいじ