top of page

頭を使うということは

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。



真剣な顔でやっているのは、木の皮むき。



「卵の殻みたい〜!」と言って、かなり長い時間集中してやっていたHちゃん。


木を3本はしごして、むきまくっていた笑





Hちゃんは、自分のやりたいことを見つけると、グッとのめり込む集中力がある。


自分が満足するまでその遊びに没頭できる力の持ち主だ。




でも、周りに流されないけれど、周りが見えていないわけではない。



山には登らずに残ったKちゃんとHちゃん。


2人でのんびり探検していると、


Hちゃんが、「どうぞ」と邪魔になりそうな草木をよけてくれた。




自分のやりたいことには一直線だけど、他の友だちのことも気に掛けられるってすごいなあ。





今日は小屋周辺の小物がいろいろなものに大変身していた。






丸太を二つ並べて、その隙間に縦になるように木を並べると・・・




トラクターの出来上がり!





「カンカン」


大きな音が響くと思ったら、薪が楽器に変身。



どんどん演奏隊が増えて、大きな音になる。





私が足を開いて立っていたら、


「ここに入れまーす!」と、薪を足の間に投げ入れるS Mくん。


遊びの天才たちよ✨







Yくん「ここ通してくださーい。」




Sくん「はいどうぞ〜ウィーン。」


あまりにも自然なやりとりだったので、本当にドアがあるのかと思ってしまった。


こんな網一つでも遊びになっちゃうから、見ていて本当におもしろい。



友だちのまねをしていることが多かった子も、自分のアイテムを見つけて創造する側になる。


自分で遊びを創り出すって、たくさん頭で考えている証拠だね。




そういえば、今日はこんな場所も開拓していた。


ジャーン。え、ここのぼるの?!


私も戸惑ってしまうくらいの急斜面💦



先頭を切ったのは、山登り好きのTくん。


でも、様子がおかしい。


どんな山もへっちゃらで、体の使い方も上手いTくんが、止まってしまった。


「こわい」と泣いている。



そんな様子に気づいたSくんが長い木の棒を差し出して、


「大丈夫ー?Sがいるよー!」



別の場所から、「僕たちがいるよー」とも。


あたたかい声が聞こえてくる。



でも、Tくんは上を見ている。



どうしたいか聞くと、「登りたい!」だった。


足を出そうとしては、戻って、泣き叫んで・・・葛藤している。




立ち止まってたくさん考えた結果は、


「あっちの山に登ることにする」と言って、自分で降りること。



よく決断したね。


登りたい気持ちと、怖くて進めない気持ち、諦めるのが悔しい気持ち・・・


Tくんの頭の中でたくさん思考したことだろう。





そこにあるもので自ら遊びを創り出していくっていうのは、


頭も疲れるし、簡単なことではない。


でも、自分で考えて生み出した時間は糧になる!






考えるのを止めてはいけない。


また一つ大事なことを教わったよ。





今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page