top of page

あつまる

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を


引き出すサポートをする


元小学校教員の ずんずんです😊。


ポンカンの季節がきました。


箱買いの 時代です。

「ねぇ Aちゃん ここに登ってみてよ!」


Sくんが Aちゃんを誘う。


どうしてか 聞いたら


「Aちゃんに この光景を 見せたかったからだよ。」


きゃー--♡


4歳にして このイケメン発言


おそるべし(笑)。


光景って言った。。。


難しいことば よく知ってるなぁ!


で その「光景」とは

じゃじゃー-ん!!


なっがー---い!


なにかというと


「高速道路」らしい。


「あっちは 沼津方面 あっちは 埼玉方面だよ。」


車で通る道を 覚えてるんだね。


子どもたちの 記憶力は


あなどれない。


Sくんは この「光景」を見て


つぶやいた。


「なんか ちょっと さびしいと思わない?


 そうだ 街をつくればいいんだ!」

もう 頭の中には


街の 「光景」が


できあがっている Sくん。


そばにあった 薪で


橋げたや 家を 作っていく。

おもしろいことに


「街づくり」をしていると


たくさんの 人まで 集まってくる。

社会においての 「街づくり」は


人が いてこそ。


子どものうちから 体現してるって。。。


すごい!

水を流すって


今までに なかった 発想!


近くに 水道やホースがなくても


水筒の水が ある!


興味津々な 子どもたちの目✨。

やっぱり 子どもたちが


キラキラしているかどうかは


「目」を見たら 一目瞭然。


「目」は


こころを 映す 鏡だね。

できたときの


「うれしい目」。

「悔しい」の目。(同一人物w)


一日の中に


喜怒哀楽が いっぱい。

いろんな気持ちを 正直に表してくれる


子どもたち。


そこに 素直に


向き合おう。


あたしたちも


自分の気持ちに


素直になって。


同じ目線で


伝えあおう。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

見守り

Comments


bottom of page