検索

あなたは

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


朝5時から 目覚まし時計のように


クマゼミが 鳴いてくれるので


朝から なんか・・・


「イライラする!」(いとうあさこ)。

でもね


こんな光景見せられたら


イライラなんて すっかりなくなるわけですよ。


大きな段差の階段。


下りるのが 大変で


思わず 手を差し出すTくん。


でも


そうっと 手をとろうとしている


Hちゃんの 


ちいさくて


やわらかくて


「助けてあげる!」っていう


強い意図を 感じる手を見たら


あたしの手は ひっこんだ。

その後も


Tくんの 姿、表情を見ながら


「大丈夫よ~。」


「H いるからね~。」


と 励まし続ける Hちゃん。

すると今度は


Hちゃんの方が転んでしまう。


Tくんが したのは


さっと 手を差し出すことだった。


さっき Hちゃんが


ぎゅっと にぎってくれたように。


2歳は 考えてる。


2歳は いろんなことが できる。

今日も 道にできた


小さな沢を 通っていく。


こまめたちは


なんの 躊躇もなく


バシャバシャ 水の中を歩いていく(笑)。


それが 楽しくてたまらないからだ。


そこで 転んだ子もいた。


それもまた 一興(笑)。


あははは~


笑ってまた 起き上がる。


それを見ていた 遊びに来ていた家族が


「うわー!!」と言って びっくりしていた(笑)。


ここに


失われた 昭和の風景があります(笑)。


イヤイヤ 時代関係ない!!


いつだって


こども という 生きものは


いろんなことに


「興味津々」なのさ✨。

でなきゃ 

こんなキラキラの笑顔


見られないもんね✨。

こまめたちには


「くらげ」なるものを つくってあげると


大喜び。


小さい頃


父が お風呂で よくつくってくれた。


空気を入れて


つかむのが 意外に難しいが

小さなくらげができた Aくんの 顔ときたら!

それで


ひえっひえの お水を


Sくんに さしあげましょうー!


Sくん まんざらでもない ご様子(笑)。

こまめとは 5年目のつきあいの


リュウちゃん。


夏は こまめたちと同じく


水浴びに来る。


熱をもっている いきものにとっては


涼を 求めるのは 当然。


おんなじだね😊。

あれ Iくんが 地面から生えてる?(笑)

Aくんは いつの間に あんなところまで!!


水の中でも


陸上でも


どこでも 動けます!遊べます!


水陸両用!


それが こまめKIDS!(笑)

でも 疲れるときはある。


「これ 持って~💦」


3か月 お休みしてた Sくん。


なまってしまったか??


それなら 現役に 力を貸していただこう!!


というわけで


「えっさ!ほいさ!」

 

なかまの 「協力」って


「強力」だ!!

帰るときに  遊び疲れて


へたーっと 座り込んでしまった なかまも。


気にかける。


振り向く。


話しかける。


そして

待つ。


「応援」って


いろんな方法が あるんだね。


みんなから 教わってる気がするよ。


ただ がむしゃらに


声をかけ続けることが


「応援」だと 思い込んできた。


でも


それは 「自分」が したい方法。


「相手」は 


どんなふうにされたら


動きやすいんだろう。


話しやすいんだろう。


そこまで 想像できてたかな。


子どもたちの 姿から


学ぶものは 数知れない。


迷ったら


主語を


置き換えてみよう。


「あなたは」


どうしたい?


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame