検索

あるある

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


熱海映画祭に 来ているという


桃井かおり様を 拝みに行きたいです。

夏日ー!!


やぶっ蚊--!!


ビールーーー!!!

くぅぅぅぅーーーー!!


って感じかな笑。


水を得た魚たち。


今日は その興奮が 最高潮に!!


なんちゅー いい顔してんねん!!


キャメラマンは 右から左から 忙しかったわい!


でも まぁ ここに至るまで 2時間はかかったわけで・・・。

朝の ヤマモモ拾い。

母と離れ 泣き叫ぶWちゃん。


少しの土手でも 「登れない。」と叫ぶ。


視野が 思考が かなり狭くなっている。


すると Aくんが Wちゃんの目の前にある枝があるから


登れないんだろうと考え どけてくれた。


しかも無言で。なんて紳士やー( ;∀;)。


Kくんも そっと背中を押してくれた。


それでも 泣き止まないWちゃん。

後ろでは ヤマモモをつまみながら歩く


食べ歩き集団(笑)。


原宿で はやらそうかな。

とにかく 〇〇狩り が好きなAくん。


目のキラキラ具合が 普段と違う。


梅、くさいちご、桑の実、ヤマモモ・・・。


Aくんの収穫量は 半端ない。


たいていの子は それらが遊び道具になって


結果 どっか行ってしまうのだが


Aくんは お迎えに来た お母さんに渡すところまで


完璧なのだ。


食への興味、大事よね。


料理人、狩人、仙人? 何目指す?(笑)。

今日は 自分の水筒の水をいれて ジュースにしていた。

Kくんも 実験。


Aの水筒でね(笑)。


結局 使い切る。


A 水道に走って 水を足す。


それまで泣いていたWちゃんも


「赤色のジュースになるのかな?」


涙がとまっていた。

が ザックをしょうときにまた 涙。


手伝うMくん。


でも最後は 自分の力を出し切って 立てた。

みんなとハイタッチ!


顔を覗き込む Mくんがいいね✨。


気にしてくれて ありがとう♡


Wちゃんはいつも 「立てない。」「登れない。」「できない。」と


「ないないことば」 を使う。


能力が 「あるある人間」なのに。


だから そのために あたしたちスタッフがいる。


「あるある」を証明させるために。

山道の 階段で 転び 泣き叫ぶWちゃん。


案の定 もう立ち上がれない。


いや 「立ち上がらない。」と決めている、ということがわかる。


だから あたしは 待った。


Wちゃんは 立てるから。


一向にこないWちゃんのところへ


先に下りた子たちが やってくる。

近くに寄り添ってあげたり


手を差し伸べたり。


でも 受け付けない。


この子たちは 実は


この階段を何往復もしている。


すごいことだ。


興味があるから、先へ行きたいから


どんどん下るが


でも友達を置いておけないから


こうしてまた 上がってくる。


心の葛藤が この往復に表れているよう。


この光景に 心が動いたのか


「おりる?」と聞くと


Wちゃんは 「うん。」と答えた。


そして 立ち上がれたのだった。 

沢へ着くと


シートをとりだすWちゃん。


「Mにも 絵を見せてよ。」と言われ


恥ずかしそうに 近づく。


さっきの 往復で


きっと 心も近寄ったのかな😊。

かといって 沢へは入らず 距離をもって みんなの様子を見ている。


慌てることはない。


Wちゃんのペースでね。


と思っていると Nちゃんが


「W~、おいでぇ。」と手招き。


それにも 微動だにしないが


次の行動が・・・

みなさん、拡大されて 見られてまっせ!!(笑)


「望遠鏡だよ~。」と 陸から ご機嫌な声がする。


よかった、にこにこが見られて😊。

さんざん あそんだあとは


あれ?

わかりやすー!いつも!(↑寝てる)。


空の コップが 飲んだくれ感 満載じゃぁないか!(笑)

さっきまで 手伝ってもらうと


「触らないで!」オーラを 醸し出し


「自分でやる!」と言って 触らせなかったWちゃん(;^ω^)。


帰り際には もう 友だちとの距離が縮んでる。


しっかりと Mくんの腕ももって😊。


そして 読み聞かせの時間には


「ここどうぞ。」の VIP待遇✨。


Kくんの 手つきが 紳士。


おでこに 蚊がとまってるけど💦。

子どもたちの 本来の「あるある能力」、


引っ張り出したいなぁ、もっと!


みなさん 「大きな象を食べてください。」


と言われたら どうする?


食べられるものかは別として(笑)、


「できないよ。」って言う方が ほとんどだよね。


でも 小さく切って 時間かければ


食べられる。


結果「できる」→「できた」。


「できない」なんて ない。


もし そうなら


あたしたちが 「できるから いっしょにやってみよ!」


って ことばに 


自動変換するからね✨。


人生は 前にしか進まない。


歩もう、一歩ずつ。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame