検索

いいね♡

こんばんは。「子どもたちの自信に


繋がる一歩を全力でサポートします!」


あおちゃんです✨


泥だらけの手と共に、


ユーモアあふれる顔を見せてくれた3人。



楽しさが伝わってくるよね!


お友達と楽しむ姿を、


見ることができて うれしかったなぁ☺



なぜなら朝


お母さんと別れたあと、


寂しさとともに、涙があふれてしまったり



お母さんのところへ戻ろうとしたり、


そんな出来事があったから。



Zくんも寂しくて 泣いていたのに、


ぐっと涙をこらえ、


泣いているJくんの手を


優しくぎゅっとにぎってくれた♡



Mくんも「手をつなごう。」と


枝をJくんに差し出す。



気にかけてくれる友達がたくさんいる。


そして自然の中には、


心が惹かれるものがたくさんある。


いつの間にか 涙がとまったね。



本日の農夫(笑)


遠くからじっと見つめて、草刈りの技を盗む(笑)


そして畑を耕す(笑)


毎日 お勤めご苦労様です(笑)


ほかの子どもたちも


枝を使って 土をほじほじ。


Zくんはクッキー作り!


枝を使って生地でも伸ばしているのかなー。


Aくんは泥をこねこね。


そしてできたのがこれだ。


とってもきれいなまぁるいお団子の出来上がり♡



さっきまで友達を観察していたJくんも、


せっせと木を運び始めたぞ。


どうやらお家を作るみたい!


いいね、いいね!どんな素敵なお家ができるかな!?☺



水たまりを発見した子どもたち。


見つけたら遊びたくなっちゃうよね(笑)


手も、靴も泥だらけ!


Mくんは、、なんと顔にも


泥がついているじゃないですか!(笑)



着替える前に、手を洗いに行こう!となれば、


必然的にこうなりますよね(笑)


自ら水を浴びに行き、もはや全身びしょびしょ(笑)



無邪気に水遊びする 


子どもたちを見ていたら


今が12月だということを、忘れそうになりました(笑)


お弁当タイム。


「ミニオンなんだよー☺」嬉しそうに


Aくんにお弁当を見せていたJくん。


そしてAくんもまた、「見せてあげるね。」と言って


仲良く見せあいっこをしていた。


その後も、おしぼりを忘れてしまったAくんに、


「あるよ。」と貸してあげたり、


水筒のふたをあけれなかった Jくんを見て、


「Aくんやるよ。」と言って


Aくんがあけようとしてくれたり。


まだ会って2回目だけど、


そんなこと関係ないぐらい


すっかり仲良くなったふたり。




お弁当を食べ終わったあとも、


まだまだ遊びますよー♡


枝を木にこすって、こけをとっているこどもたち。


すると、残りの子どもたちも集まっていき、


大人は介入しない、


子どもたちだけの空間ができた。


この空間好きだなー。


子どもたちだけで遊びを作り出し、


そして夢中になって遊ぶ。


そんな時間も大切にしてほしいから、


わたしたちはその中に入らず、そっと遠くから見守る。



みんな違って、みんないい(笑)


謎のポーズをとる子


くつろぐ子


上から転がってくる子


自由気ままに楽しむみんな 好きよ♡(笑)


見ていてとてもいやされる☺



上まで登って、


走ったり、


ハイハイしたり、


寝そべったり、


ずんずんトンネルをくぐったり(笑)


お母さんが迎えに来てくれる14時まで


思う存分楽しんだこどもたち。




朝寂しくて 泣いていたJくん。


こまめもまだ2回目で 不安もあったのだろう。


しかし帰り道、お母さんのところへ向かう途中


「みんなの顔を見たら元気になった!」と。


そして仲良く遊んでいた、Aくんに対して


「Aくんと仲間になりたい。」と話してくれた。


Aくんにその気持ちを伝えると、


Aくんも嬉しそうに「うん!」と言って、


仲良く手を繋いで、お母さんのところへ歩くふたり。




一緒に遊んだり、



お弁当を食べたり、



時には気持ちが通じ合わなかったり、


時には助け合ったり

(Kくんの靴についた泥をとってあげるMくん。)


同じ時間を過ごしていく中で、


あなたも、そしてあなたも、


自分にとって


かけがえのない 


大切な存在になっていく。


そしてその大切な存在が、


自分を元気づけてくれたり、


強くしてくれる。


大切な存在、、


仲間っていいね♡


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame