検索

きみの手

こんばんは。「子どもたちの自信に繋がる一歩を全力でサポートします。」あおちゃんです✨

KKくんが変顔をし始めて、「撮りまーす!変顔1」、「撮りまーす!変顔2」と言って撮影会みたいにやってたら、ほかの子たちもやりたい!となって全員で変顔撮影会が始まりました。

変顔と言っていますが、ただただ、みんな可愛いです♡


ここはリゾート地!?と一瞬疑ってしまうぐらいみんなリラックス。ポーズも決まってる(笑)いいね~~日向ぼっこ気持ちよさそーう☺



本日もギブミーチョコレート状態(笑)


いぬびわの魅力にハマり食べる。ちなみに味はいちじくみたいで美味しいんですよ!


甘い蜜に誘われて寄ってきたのはわたしたちだけではなく、、、そうカナブン!


すぐに答えを聞くのではなく、、虫の特徴をよく観察して、図鑑に載っている虫と照らし合わせて、その虫がなんていう名前なのか自分で調べる。これも勉強だね!


さぁ!川遊びしますよー!仲良く浅瀬で泥だんご作り。



年齢が上がるにつれ、きれいな形に仕上げられるようになってきて、Yくんの泥だんごもご覧の通りとてもきれいな仕上がりだ☺



みなさーん森の美容院オープンしましたよ~!しかし本日はいつも以上に激しめです(笑)「こんな豪快なシャンプー聞いてないよ~~」と言わんばかりに逃げるお客様Aくん(笑)


しかし見てるうちにだんだん楽しくなってきて!


気付いたらAくん、Hくん、ずんずん3人とも良い笑顔☺☺



KKくんは袋を使って謎の筋トレ中(笑)



最初浅瀬で袋にお水を入れていたKくん。でもそこまで水が入らない。

どうしたらもっと入るのか、、そこで少し奥まで入ってお水をいれてみると、。

「たくさん入ったよー!」とこの笑顔。

「浅瀬でもいっぱい入るよ。」と言っていたKくん。でも少し深いところに入ることで、もっと早く、しかも簡単にお水をたくさん集められることを知った。経験することでまた一つ知ったね。


Mくんは手ぬぐいを使って「クラゲ作ったよー!」と良い笑顔☺



川へ行くときに一人でどんどん先へ進んでしまうAくんを、呼びに行ってくれた子どもたち。

「危ない動物がいるから、一人じゃ行ってはいけないよ」「見えないところに、行ってはいけないよ」とこまめでの約束を伝えてくれていた。


伝わったのか、みんなのところに戻ってくるAくんたちに、

優しくおいで、おいで、と手招きをしてくれたYくん。その手が嬉しい。



Hくんが転んで泣いてしまったとき、そっと頭をなでてくれたAくん。

いいこ、いいこしてくれたその手が温かい。



バックルがうまくカチッと締めれず、「できない。」と言うKくんに「手伝ってあげるよ!」とRちゃん。

困っているお友達に手を差し伸べてくれたその手が優しい。



「行くよー!」と仲良く兄弟で手を繋いで歩くYくんとRちゃん。

その二人の手がほほえましい。



たたいたり、つねったり、誰かを傷つけるために手を使うんじゃなくて、困っている誰かを助けたり、泣いている誰かの涙をぬぐってあげたり、助けを必要としている誰かのために、手を差し伸べてくれたら嬉しい。

だってそれだけでしてもらった側はすごく嬉しいから。

わたしはそれを子どもたちに伝えていきたいな。

その手は誰かを傷つける手ではなく、幸せをつくる手なんだよ。ってね。



ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame