top of page

会話する

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。




「いちご、ちょうだい。」


「いいよ。ヘタも取ってあげるからね。」



貴重ないちご1粒をあげたのはWちゃん。


2人のやりとりが穏やかで、自然で、見ていてなんだか心地いい。



一つ見つけて大喜びして持っていたいちごをどうしてSくんにあげたのか聞いてみたら、


「Sちゃんのことが好きだからだよぉ♡」だそう。



この2人は何かといざこざが多く、犬猿の仲だと思っていたけれど、


どうやらそうでもないらしい?!


いざこざがあっても、毎度スッキリさせていれば引きずることはしないのだ。


見習いたいなぁ。






もうすっかり秋の空になってきた。


「どうして細い線と太い線があるの??」と、子どもたちからそんな疑問が湧き上がる。







秋といえばの、ススキが生い茂る畑。


子どもたちにとっては、楽しい隠れ家だ。


Aちゃんは何度も何度も草をかき分ける。



包丁葉っぱとも言われるススキをかき分けていると、どうしても切り傷もできてしまう。


それでもお構いなしに、何度も往復するのは、


楽しさが勝っているから♪








Aちゃんは新たなアイテムにも着手。笑


回してみたり、ホースを穴に通してみたり、その目は興味津々。



畑の遊びの開拓がどんどん進む、秋でもある。





先輩たちがこの塀を上り下りするのをみてまねしたくなったHくん。



5分くらい葛藤しながら、ようやく足をかける場所を探し出したのだった。


Hくんはとにかく諦めなかった。



そして、できたらこの顔✨




それを見ていたWちゃんも、思わず拍手して、


「Wちゃんもやる!」と繋がった。


Hくんは「Wちゃんがんばれー!」と応援している。



これまた自然なやりとりに、思わず笑みが溢れてしまう。




ここでも、


「Sちゃん、ちょっとここに入れるの手伝ってよ〜」


「いいよ〜」


「ありがとう!」


とスムーズな会話が。



見ての通り、今日は色々な場面で会話が聞こえて、


誰かに固執することなく、みんなが混じり合って遊ぶことが多かった。



遊んでいると、


必然的に会話が必要になってくる。




自分の気持ちを伝えるだけではない


相手の表情や言葉をみて聞いて、


更にそれにまた自分の言葉を返すのが


会話。



主張から、


会話ができるようになると、



友だちとの付き合いもグッと広まっていくのかも知れないね。






今日も素敵な時間をありがとう。





今年も やりまーす!


「こまめ体験会」と「こまめ説明会」✨。



みなさんの宣伝のおかげで、【残り1組】となりました!!



ありがとうございます。


お申し込みは ちらし内の QRコードにて


よろしくお願いします。




たくさんの方と 出会えるのを




楽しみにしていますね!!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

見守り

Comments


bottom of page